月刊 現代農業
ルーラルネットへ ルーラル電子図書館 食と農 学習の広場 田舎の本屋さん

●巻頭特集 コンテナ大活躍

巻頭写真

農家にとっては、これもなくてはならない「農具」。
収穫物の運搬、貯蔵、小物の収納……、
近頃は業務加工用野菜の流通でも注目されている。
そんなコンテナの「上手な選び方」「あっと驚く使い道」を一挙公開!

「コンテナでラクラク作業」コーナーより

コンテナ4種を使い分け、改造もお手のもの

大阪・野出良之

筆者。底が網状の20kgコンテナを使ってカボチャを収穫。
どんなに傾けてもコンテナが落ちない一輪車を使いこなす
筆者。底が網状の20kgコンテナを使ってカボチャを収穫。
どんなに傾けてもコンテナが落ちない一輪車を使いこなす
コンテナ

土落としや水切りは網状のコンテナ

 冬キャベツ50a、水ナス10a、水稲30a、スイートコーン5aを栽培しています。

 私が農作業で使う代表的なコンテナは大きく分けて4種類あります。

(1)20kgコンテナ、底が平ら……水ナスや自家用のミカンの収穫に使う。

(2)20kgコンテナ、底が網状……タマネギやジャガイモなどの収穫、菜っ葉を洗う時や洗った菜っ葉の水切りに使う。

(3)40kgコンテナ、底が平ら……松波キャベツの収穫に使う。

(4)40kgコンテナ、底が網状……菜っ葉の水切りに使う。

 いずれのコンテナも、底が平らで水抜き穴が4〜6個あるものと、底が網状のものとがあります。網状のものは土や水などが網目から落ちていくので、土が付いた野菜の収穫や洗浄などには重宝します。ただ、ナスビなど軟らかい野菜の収穫に使うと、へこみや跡ができてしまうので、この場合は底が平らなコンテナを使います。

金具を外すと使いやすい

 40kg用のコンテナはサンコー(三甲)社製で、口から底にかけてすぼまって逆台形になっているAタイプと口と底が同じ大きさのBタイプがあります。Aタイプは使っていない時は重ねることができ、スペースを取りません。Bタイプは積み重ねができますが、使ってない時も場所をとります。

 またAタイプには、Bタイプみたいに積み重ねられるように金属製の金具が付いています。それが900g近くもあり、他のタイプのコンテナに比べて重いのです。ところが、この金具を外すと、他のコンテナと重さはほぼ同じ。とても使いやすいので、私は金具を外してホウレンソウなどの水切り用に使っています。金具はパイプなどを差し込んでこじ開ければ簡単に外せます。

どちらも40kgコンテナ
40kg用コンテナの使い方 Aタイプのコンテナ。約1kgある金具を外せば使いやすい 底が網状でなく平らなコンテナなら軟らかい水ナスも傷が付かない
どちらも40kgコンテナ Aタイプのコンテナ。約1kgある金具を外せば使いやすい 底が網状でなく平らなコンテナなら軟らかい水ナスも傷が付かない

どんなに傾けてもコンテナがずれない改造一輪車

 市販の一般的な一輪車(購入したのは30年以上も前で、古いものですが)をコンテナ搬送用に改造しました。

 土などを入れる皿を外して、高さ調整用に、知人からもらった薄いタイプのコンテナを車体に固定。そこへ角材を渡し、廃物コンテナから上の縁の部分だけをカットして取り出してビスで固定。ここにコンテナを重ねればずれません。

 このままだと同じサイズの20kgコンテナしか使えませんが、もうひと工夫。縁の上に丸皿ネジを2本ねじ込むだけで、40kgコンテナを載せてかなり傾けても落ちなくなります。一台の一輪車で二種類のコンテナをずり落とすことなく運べます。

 私は一輪車に20kgコンテナを載せて泉州特産の水ナスを、40kgコンテナを載せて松波キャベツを収穫しており、かなり重宝しています。

丸皿ネジで40kgコンテナもずり落ちない。枠からはみ出しても、コンテナの底の格子状の凹凸部分にネジの頭がひっかかる
丸皿ネジで40kgコンテナもずり落ちない。枠からはみ出しても、コンテナの底の格子状の凹凸部分にネジの頭がひっかかる

踏み台にもゴミ取りにも

踏み台の裏側。4隅にホースを留めれば、コンクリートで滑らない 水口にも設置
踏み台の裏側。4隅にホースを留めれば、コンクリートで滑らない 水口にも設置

▼踏み台

 瓶ビールのコンテナを逆さにして踏み台に使っています。そのままだとコンテナの硬い樹脂がコンクリートの上で滑って危険なので、接地面の四隅にビニールホースをネジで留めて滑り止めとしています。

▼水路のゴミ取り

 ヨーグルトなどを運ぶ浅いタイプのコンテナは、水路の入口に設置して草やゴミなどが田んぼの中に入らないようにしています。

 また、古くなって破棄するコンテナの底の部分を切りとって田んぼの水口に設置。こちらも、ゴミの流入防止に役立てています。

(大阪府泉佐野市)

「田舎の本屋さん」のおすすめ本

現代農業 2014年11月号
この記事の掲載号
現代農業 2014年11月号

特集:コンテナ大活躍
この秋は、お米の売り先開拓/野菜・花 炭酸ガス「日中ちょっと焚き」から始める環境制御/加工ねらいで果樹産地を守る/害獣を箱ワナ・囲いワナに誘い込む/鶏にこそ飼料米/溶接で作るアイデア農機具/名人を超えた! 新・そば打ち法/農政改革1年目の秋、集落営農のビジョンをきく ほか。[本を詳しく見る]

改良・改造 手づくり農機傑作集 改良・改造 手づくり農機傑作集 第2集 農家が教える 便利な農具・道具たち 現代農業 2013年11月号

田舎の本屋さん 

もどる