月刊 現代農業
ルーラルネットへ ルーラル電子図書館 食と農 学習の広場 田舎の本屋さん

3月号の主な記事(予告)2月5日発売

■巻頭特集 ラクラク、トクトク 元肥百科 高原レタス産地で鶏糞栽培/動力散布機で畑にスピード散布/今こそ田んぼの土壌診断が必要だ/有機肥料の元肥はこう効かせる/ドブ漬けだけでリン酸50%減/ウニ殻堆肥がスゴイ

■くらし・経営・地域のページ 

花粉症よ、サヨウナラ スギ花粉の蒸し焼き/ひな祭り、気持ちも財布も温かに 吊るしびな/集落営農で野菜を経営の中心に/新連載 農村の強さを古老に聞く

■水田・稲作活用 各地で続々、オリジナル直播技術 生モミ乾土直播/イタリア湛水直播がおもしろい/飼料米専用品種の施肥法/ムギの追肥適期を見極める

■野菜・花 新連載 なで肩イチゴをつくるには/宮城県の復興イチゴ団地を歩く/炭のサンドイッチ育苗で病気知らず/収穫残渣の片付け方

■果樹 改植で見事にバトンタッチ ミカン、ブドウ、リンゴ/ナシの平棚 設置も改造もお手のもの グラつきなし、マストもなし

■山・特産 スイスから来たミツバチ・カーネオラン種

■畜産 農家自ら肉の直売 売り方編 ブログ、メルマガで売り込み/哺乳子牛の寒さ対策

■機械・道具 クローラでスイスイ セミクロトラクタの選び方

編 集 後 記

▼在来種にイタリアの品種も加わってナス畑が賑やか。両国とも南北に細長く、気候風土が変化に富むから品種も豊かなのか。政治家に期待できない所も似ているらしいが(失礼)。ともあれ一富士二鷹三茄子。新年が良い年でありますように。(瀬谷)

▼愛媛の山の中で久しぶりに羽振りのいい話を聞いてワクワクした。花木は儲かる!薬草栽培も儲かる!中山間地だからこそ成り立つ経営というのもありそうだ。「遊休地・山で稼ぐ」コーナー、276頁です。(石川)

▼イタリアの地ナスマップを作成すべく、研究者、業者、在伊日本人に問い合わせるも、手掛かり薄。でも調べると、うまそうなナス料理が豊富で、シチリアに行きたい、食べたい衝動に駆られる編集作業だった。引き続き地ナスマップ情報求む(66頁)。(伊藤伸)

▼230頁のブドウを食べ比べてみた。特別好きな品種があって、もう止まらなくなる。小粒だが、パリッとしていて、ひたすら甘い。生みの親である志村富男さんに聞くと「特に小さな子どもに人気です」。大人の自分としては、ちょっと複雑。(川崎)

▼明けましておめでとうございます。宮城県南三陸町は朝晩の冷え込みが段違いだった(242頁)。震災から4度目の冬を迎えた後藤さん夫妻。春からのキクづくりを語る表情は、もう楽しみでしょうがない様子。(山下)

▼「今度はココとココでエダマメをやる」。帰り道、田んぼを見ながら菅原惣平さん(107頁)が教えてくれた。エダマメで儲かり始めてからは、田んぼを引き受けるのが楽しくなった様子。(伊藤雄)

▼1kg分で3000円。つくった分は即完売。将来、3万個も実がなったらエライ儲かる。品種の多さにも驚いたが、お客の四割が70〜80代なのも面白い。今後ポポーの需要はもっと増えるかも。(284頁)(秋山)

▼平澤協一さん(174頁)が「これ、おみやげ」と渡してくれたハクサイは1玉7kg! お漬物、汁物、炒め物…食べても食べてもなくならない。業務用野菜のデカさを実感した。(池田)


もどる