月刊 現代農業
ルーラルネットへ ルーラル電子図書館 食と農 学習の広場 田舎の本屋さん

facebook ツイート

肥料袋 開け方 閉め方 運び方

閉め方
ヒモを使った米袋式の密閉術

兵庫・富岡明子

湿気が入らず、持ちやすい

 近所の農家のおじいちゃんが見せてくれた肥料袋の口の閉め方が、このヒモを使った結び方でした。お米もつくっている方だったので、米袋の閉じ方を応用した方法だと思います。

 この閉じ方は見た目がきれいですし、口がしっかり折りたたまれていて湿気が入りにくい。それに、倒れにくいので倉庫で保管するときも整理しやすく、運ぶときには結んだヒモが持ち手になって便利です。

 ただ、中身が多くて重かったりすると、ヒモがほどけやすくなるので、そういう時は抱えて持つことをおすすめします。

(兵庫県佐用町)


本ページの米袋式の密閉術の動画がルーラル電子図書館でご覧になれます。

http://lib.ruralnet.or.jp/video/video_bunrui.php?bunrui=syuzai

筆者の肥料袋の閉じ方

袋の口の幅よりも少し長めのヒモを用意する

 

 

ヒモを芯にして袋の口をくるくると巻いていく。袋の中の空気を抜いてからだと巻きやすい

 

 

何回か巻いたら、両脇から飛び出たヒモの端を結んで完成

「田舎の本屋さん」のおすすめ本

現代農業 2020年10月号
この記事の掲載号
現代農業 2020年10月号

2020土壌肥料特集:土はどう変わる? タンニン鉄栽培 大盛り上がり
根っこ探検隊が行く/排水をよくする明渠・暗渠のアイデア/手づくり有機資材のQ&A/やっかいものを堆肥・肥料に/緑肥で減肥最前線/堆肥を上手にまく一工夫/肥料袋 開け方・閉め方・運び方/元肥一発肥料での過繁茂・肥切れ問題を考える/根粒菌をとことん活かしてダイズ多収/ナシの元肥、春に切り替える/鉄で牛が喜ぶ牧草づくり ほか。 [本を詳しく見る]

田舎の本屋さん 

もどる