月刊 現代農業
ルーラルネットへ ルーラル電子図書館 食と農 学習の広場 田舎の本屋さん
農文協のトップ月刊 現代農業>2021年5月号
目次へ
定期申込

2021年5月号


稲作・水田活用

人を基準に効率化し、160haの仕事を回す
密着!横田農場の春作業

茨城県龍ケ崎市・(有)横田農場

苗を植える横田修一さん。横田農場の田植えは「前を4割、後ろを6割見るイメージ」(写真はすべて依田賢吾撮影)

「今年(2020年)は10haほど増えたので、160haになりました」と語るのは、横田修一さん(45歳)。社長を務める(有)横田農場は、この面積の田んぼを田植え機1台、コンバイン1台だけで管理している。本誌19年12月号では、その収穫・調製作業に密着取材した記事をお届けし、同農場流の「人を基準とした効率化」の考え方は、規模の大小を問わず読者のご好評をいただいた。
 今回は、その春作業編−−。


果樹

リンゴの気持ち 樹の生理3
粗摘果のやり方

茨城・黒田恭正

マークは本誌220ページに用語解説あり

 

 リンゴ栽培において、「摘果はせん定の一環」といえるほど重要な作業である。摘果を粗末にして、よい果実がならないのはせん定のせいだと思い込んでいる人が意外に多い。

 摘果は、たんに着果量を適正にして実を太らせるだけの作業ではない。どの枝に実をならせ、どの枝の実を摘むかによって、それぞれの枝の役割を明確にし、後半の養分の流れや植物ホルモンの働きを調整する大切な作業である。せん定と同様、リンゴの樹の生理にかなった摘果が大切である。


果樹

匠の技に頼らない 楽々ナシ栽培 第5回
摘心はついで作業がちょうどいい

福島県須賀川市・藤田忠内さん

結果枝から出た新梢を摘心する藤田忠内さん(写真はすべて依田賢吾撮影)

 

効率よく手を抜くために

 藤田さんがナシの管理作業で、一番重要視しているのが「摘心」だ。結果枝から出る新梢を早い段階で摘んで、徒長枝になるのを抑える。

「摘心すると成葉化が早く進むから、栄養生長の期間が短くなって、生殖生長の期間が長くなる」。徒長枝を伸ばす必要がなくなった分の養分を、いち早く実に送ることができるからだ。そのため、以下のようなメリットがある。


読み方案内

5月号の主な記事(予告)5月6日発売、編集後記


主張

地エネ、炭素の地力化で、農家・農村が「脱炭素化」の先進地


今月のPDF
pdfアイコン以下はPDFファイルです。
Acrobat Reader をおもちのかたはどうぞ

あっちの話こっちの話(425KB)
・竹ぼうきで田んぼの除草&根張り強化――宮崎から
・ショウガ畑の風よけに、ソルゴーよりもテオシント――鹿児島から
・アスパラガスのウネに竹を置いてみたら――熊本から
・葉物野菜がぐんぐん伸びる発酵タケノコ液肥――三重から
・ヨモギオイルでお肌しっとり、赤ちゃんにも――埼玉から

農文協出版案内(599KB)
・農文協の新刊

・コロナ禍後の新たな労働・社会のあり方を構想する
・内山節と語る未来社会のデザイン 全3巻 (→購入する)
・農村政策の変貌 その軌跡と新たな構想 (→購入する)
・森永卓郎の「マイクロ農業」のすすめ 都会を飛びだし、「自産自消」で豊かに暮らす (→購入する)
・トマト ソバージュ栽培 (→購入する)
・最新農業技術 花卉 vol.13 トルコギキョウ新技術/冷涼地ダリア (→購入する)
・食べる つかう あそぶ 庭にほしい木と草の本 散歩道でも楽しむ (→購入する)
・むらの小さな精米所が救う アジア・アフリカの米づくり (→購入する)
・酪農かあさんが教える 台所チーズ (→購入する)
・現代農業バックナンバー
・2020年11月号 (→購入する)
・2020年12月号 (→購入する)
・2021年1月号 (→購入する)
・2021年2月号 (→購入する)
・2021年3月号 (→購入する)
・2021年4月号 (→購入する)


目次

◆5月号のすべての目次はこちら

カラー口絵

サトちゃん直伝 荒代かき、高低直し、植え代かきをいっぺんにこなすワザ(福島・佐藤次幸さん)

絵のページ

あっちの話こっちの話/クロスワード・パズル/漬け物お国めぐり/ドブロク宣言/違うのはどこ?/食と農の記念日ごよみ

巻頭特集

一石何鳥!? すごいぞ、有機物マルチ

もうやめられない有機物マルチ

 ススキ&カヤ  さよならポリマルチ 坂本重夫

 木材チップ  亜熱帯の島で全力投入 森本かおり

 モミガラ  キュウリの通路の草抑えに 福原史生

 堆肥、モミガラ、ワラ……  天候不順でもトマトの根が回復 田中誠

 竹パウダー  ダイズには厚さ2cm、葉物には厚さ1cmで抑草 菊川裕幸

有機物マルチ、驚きの効果

イタドリのマルチでナスの皮が軟らかくなる 稲垣栄洋

堆肥マルチに米ヌカふって炭酸ガスがモクモク発生 窪田陽一

ヒノキ・スギに注目! 有機物マルチの植物別抑草効果 伊藤幹二

世界で広がる脱プラが影響 ポリマルチの回収費が上昇中

えっ!? こんなものでもマルチング

 紙  果樹に段ボール、野菜にはシュレッダーマルチ 金光剛助

 廃ホダ堆肥  タネの覆土や土寄せ代わりに (大分・長谷部重孝さん)

 イネ苗  夏野菜の株元、通路に (宮城・樋口太一さん)

 古畳  上手にワラを取り出す方法 岡田正樹

 竹  竹まんまマルチで獣害なし 金築莉那

落ち葉&モミガラの集め方・敷き方

ロールベーラーでラクラク落ち葉集め (岡山・田中隆正さん)

ロールベーラーがないので、グリーンバッグで代用 鶴田昌二

厚さ5cmでラクラク散布 自作モミガラマルチャー 藤岡啓志郎

生分解性マルチで脱プラ

生分解性マルチのメリット・デメリット 古藤俊二

ポリマルチとの比較栽培 (新潟県五泉市)

「キエ丸」で収穫作業が早く、ラクに 大嶋聡史


稲作・水田活用

人を基準に効率化し、160haの仕事を回す
密着!
横田農場の春作業 (茨城・(有)横田農場)

【サトちゃんのへの字稲作3】田植えがラクになる! (福島・佐藤次幸さん)

DVDブックが役立った 浅水代かき、大成功! 熊谷祐治

アゼから引っ張る ドリル式の除草器巻き取り機 寺町知正

【イネってこんな植物10】田植えで切れた根はどうなるの? 新田洋司

【ネギ農家、イネをつくる4】水トラブルの連続! 小城寿子

一粒万倍 バケツイネ選手権2021 参加者募集

【中山間地で小麦6】赤かび防除と収穫 鈴木貴良

【新連載 鶏糞だけで25年間10a300kgのダイズ連作】 金田吉弘

ことば解説


野菜・花

野菜の力を引き出す仕立て

トマトの新・全伸栽培&メロンと台木カボチャの両どり 小川光

【トマトの力を引き出すソバージュ栽培 上】 本田耕士

光が満遍なく当たるスイカの空中栽培 小泉富生

秀品率が上がるキュウリの更新型つる下ろし栽培 (群馬・大朏和彦さん、小山泰平さん)

【イチゴの環境制御3】葉が小さくなる原因は? (宮城・(株)土生農園)

【40tどりキュウリ6】悔いのない炭酸ガス施用のやり方 山口仁司

【アスパラを見る5】ベストな立茎を追究 中尾太輔

【常識のなかの非常識40】二つ同時にできる作業 白木己歳

ことば解説


果樹

リンゴ、摘果剤を効かせるコツ

まずは受粉を揃えることから 工藤貴久

摘果剤に敏感な「つがる」も「ふじ」と同時散布できる 茅野高穂

散布後の摘果は感受性の高い品種から 森山聡彦

摘花・摘果剤のちょっといい話

【リンゴの気持ち3】粗摘果のやり方 黒田恭正

ミカンの摘果に硫安海藻肥料 武内秀樹

【カンキツの斜め植え&腹接ぎ 下】 (愛媛・脇義富さん)

【楽々ナシ栽培5】摘心は「ついで作業」 (福島・藤田忠内さん)

【ブドウの樹相診断2】開花期の新梢、花穂、新根 岡本五郎

【カメラ訪問記272】無休眠二期作、3月出しのブドウづくり

ことば解説


山・特産

【照りのある茶園 下】生長期は腐敗液肥をまく 石川健

【庭先西洋ミツバチ4】春から夏の管理 岩波金太郎

【まさねぇの獣害対策4】イノシシは神の使い 井上雅央


畜産

分娩前後の草で受胎率アップ

1番草と決めたら1回で付くようになった (岩手・岩渕孝幸さん)

粗飼料不足ではよい発情が来ない 益子光洋

【放牧Q&A4】野草地をどう管理する? 平野清

【草刈り動物9】アイガモ(中) 髙山耕二


機械・道具

製作費5万円以下! 竹パウダー製造機 (徳島・野畑富愛さん)

【作業機安全確保のコツ2】ドライブハローへのランプ取り付け (滋賀・中道唯幸さん)


くらし・経営・地域

【ヒモトレ健康術5】草むしりに「たすきがけ」 小関勲

お試しあれ!自家用野菜のビックリ栽培

小さい畑に サツマイモのつる上伸栽培 梅景忠夫

葉物やハーブは袋の「横から」栽培 神崎ソラダー

タネ1粒から100本とるぞ トウモロ芽挿し 坂本堅志

樹形がガラリッ!? エダマメの葉っぱ落とし栽培 (千葉・鳥海榮之さん)

山菜・野菜を何でも酢漬け

ツクシ、ワラビ、アサツキ、フキ、ナスを酢漬けにして楽しむ 戸谷君子

まだまだあるぞ 農家の酢漬け

【農産加工レベルアップ道場4】焼肉のタレ その2

【あれもこれも薬草17】イタドリ 松原徹郎

【北の国から、幸せ自給生活2】驚きと感動のプレハブ暮らし 三栗祐己

【農家、自著を語る4】イラストでわかる 新版 安心イネつくり 山口正篤

【ルーラル電子図書館4】営農・資材窓口で相談ごとに即対応 古藤俊二

Q&Aでよくわかる
種苗法改定で何が変わる? どう変わる? 農家の自家増殖編

誌上タネ交換会2021 結果発表!!

タネ交換会に届いたお手紙 タネ友の輪が広がりました 石田孝人

【農文協80年史こぼればなし4】『農政研究』にライバル誌出現 楠本雅弘

【意見異見150】農業の脱プラ 田んぼの元肥一発肥料が問題だ 赤木歳通


その他

【主張】 地エネ、炭素の地力化で、農家・農村が「脱炭素化」の先進地

【農家の法律相談】 農事組合法人の構成員が足りない!?

何でも相談室/野良で生れたうた/読者のへや/読者アンケート