講演会・イベントなどのお知らせ

2017年2月

【最新のお知らせ】 【過去の一覧】

■幼児期における環境教育(第10回立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座)

日時2017年2月3日(金)18:30〜20:30
会場立教大学 池袋キャンパス 4号館4152教室
講演者神田浩行氏(みどり環境共育事務所たのかんさあ代表)
築地駿氏(社会福祉法人どろんこ会 朝霞どろんこ保育園職員)
阿部治氏(ESD研究所長ほか)
増田直広氏(キープ協会環境教育事業部事業部長ほか)※全体進行
内容講師による話題提供と情報交換
主催・お問合せ公益財団法人キープ協会(共催:立教大学ESD研究所) 詳細

■食育フォーラムIN南国

日時2017年2月4日(土)13:00〜16:50
会場南国市立スポーツセンター(南国市前浜) アクセス
第1部事例発表(南国市立十市小学校、農業生産法人(株)南国スタイル)
第2部基調講演 服部幸應氏(服部栄養専門学校理事長)
第3部パネルディスカッション「つなぐ つながる ひろがる 食育の力」−今、伝えたいこと
コーディネーター:烏帽子田彰氏
パネリスト:服部幸應氏、向笠千恵子氏(フードジャーナリスト)、黒笹慈幾氏(高知大学徳任教授)、門脇由紀子氏(南国市食生活改善推進協議会会長)
参加費無料
主催・お問合せ南国市教育委員会事務局学校教育課 TEL:088-880-6568 詳細

■第176回市民農園研究会

日時2017年2月4日(土)13:30〜
会場千葉県青少年女性会館第2会議室(千葉市稲毛区) アクセス
テーマ都市と市民農園等のガーデニング、欧州と日本の市民農園の基本を考える
参加費参加費
主催・お問合せNPO法人千葉県市民農園協会(理事長:廻谷義治氏) 詳細

■NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン 設立10周年記念講演「東京が食べられなくなる日」

日時2017年2月4日(土) 13:30〜16:00
会場生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)
講演者大江正章さん(コモンズ代表)
白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)
榊田みどりさん(農政ジャーナリスト、明治大学客員教授)
参加費1,000円 定員:100名
主催・お問合せNPO法人コミュニティスクール・まちデザイン 詳細

■第23回岐阜-食シンポジウム

日時2017年2月4日(土)13:30〜16:00
会場みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ(岐阜駅からバスで約10分) アクセス
テーマ「食」を通して岐阜の子どもの健康を考える
プログラム1)主催者挨拶 会長:岩田弘敏
2)趣旨説明と解題
3)講演@「子どもの健康へ食生活が与える影響(仮)」久保和弘氏(岐阜大学準教授)
4)講演A「給食での和食体験〜岐阜市和食給食応援団事業〜(仮)」神谷純氏(岐阜県栄養士会)
5)交流質疑・意見交換、伝統野菜を使った料理の紹介など
参加費無料 先着60名
主催・お問合せ岐阜-「食」を考えるみんなの会 (事務局:岐阜女子短期大学中村研究室) FAX:058-296-3130 メール 詳細

■東浦町婦人会連絡協議会研修会

日時2017年2月4日(土)13:30〜15:00
会場東浦町文化センター(愛知県知多郡東浦町) アクセス
講演者島村光治
演題味覚から食育を考えよう〜驚きの味覚体験〜
参加費無料 先着30名(締切1月27日)
主催・お問合せ東浦町生涯学習課 生涯学習係 電話:0562-83-9567 FAX:0562-84-2202 詳細

■農村活性化シンポジウム

日時2017年2月6日(月)13:30〜16:30(開場12:30)
会場札幌第1合同庁舎 2階講堂(札幌市北区北8条西2丁目) アクセス
テーマ人口減少下における活力ある農村地域づくりを目指して
プログラム■特別講演「人口減少下における活力ある農村地域づくり」 生源寺眞一氏(名古屋大学大学院教授)
■事例報告 活力ある農村地域づくりに向けた取組(真狩村・天塩町)
■パネルディスカッション「活力ある農村地域の実現に向けて」
コーディネーター):林美香子氏氏、コメンテーター:生源寺眞一氏
パネリスト:小林国之氏(北海道大学大学院准教授)、新開玉子氏(有限会社ぶどう畑)、谷口威裕氏(谷口農場)、吉田弘志氏(鹿追村長)
参加費無料 定員200名(申込み締切2月2日)
主催・お問合せ国土交通省北海道開発局 TEL:011-709-2311(内線5541/5540) 詳細

■東北農政局食育セミナー「いただきます〜食がいのちを作ること」

日時2017年2月8日(水) 13:15〜16:15
会場仙台合同庁舎B棟 2階第一会議室 アクセス
内容(1)食育ドキュメンタリー映画上映会
「いただきます みそをつくるこどもたち」 「その後のはなちゃんのみそ汁 GIFT」
(2)パネルディスカッション
パネリスト:VIN OOTA (オオタ ヴィン)氏(映像作家)、小山明子氏(一杯の味噌汁プロジェクト代表)
コーディネーター:橋菜里氏(NPO法人プロジェクト88理事長)
参加費無料 定員80名(先着順、要事前申し込み)
主催・お問合せ東北農政局 詳細

■INTER FESTA 2017(サッカーイベント)

日時2017年2月11日(土)10:00 〜 16:00
会場総合学院テクノスカレッジ東京府中グラウンド(東京都府中市)
講演者と演題/td>10:30〜11:30 サッカー選手を目指すお子様を持つ保護者の方を対象としたトークイベント
<食育について>こばたてるみ氏(公認スポーツ栄養士)、城彰二氏(インテルアカデミー・ジャパンスポーツディレクター)
その他プログラム10:00〜11:30 インテルアカデミーのコーチ達と一緒にボールを蹴ろう!(対象年齢5歳〜12歳)
12:00 〜16:00 インテルアカデミーが用意したおもしろサッカーゲームを楽しもう!(スペシャルゲスト:ハビエル・サネッティ)
参加費無料
主催・お問合せインテルアカデミー・ジャパン 詳細

■関東甲信越支部『現代農業』読者の集い

日時2017年2月11日(土) 12:20〜16:00
会場長野県教育文化厚生協会(長野市) アクセス
講演者西田栄喜氏(自称日本一小さい専業農家・「風来」店主)
プログラム13:30〜 西田栄喜氏基調講演
15:00〜 分科会(鳥獣害、稲作、西田さんと直売情報交換会の3班)
16:10〜 まとめにかえて
参加費500円(資料代) (他に、テキストとして『小さい農業で稼ぐコツ』購入をお願いします) (要事前申し込み)
主催・お問合せ農文協 関東甲信越支部 TEL:0285-27-3047 080-5890-2377(大池) FAX:285-27-6804

■宇根豊さん講演会

日時2017年2月11日(土) 13:00〜17:00
会場大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) アクセス
講演者宇根豊
演題百姓学宣言のねらい 農本主義は生きもののまなざしなんだ
交流会講演後は、質疑応答と参加者交流会(その後、懇親会(希望者))
参加費無料 定員100名(要事前申し込み・先着順)
主催・お問合せ農文協 近畿支部 TEL:06-6962-0491 FAX:06-6962-4855 メール

■第512回お米の勉強会

日時2017年2月11日(土) 13:00〜16:30
会場兵庫県立大学 新在家キャンパスF202室(姫路市) (姫路環境人間キャンパス)アクセス
テーマ山根成人さんの「種と遊んだ45年」をお祝いしよう
講演者と演題13:00〜 「有機自然農業の45年」保田茂氏(神戸大学名誉教授)
15:30〜 「保存会の13年と今後のこと」山根成人氏(ひょうごの在来種保存会顧問)
参加費1000円(終了後の交流会は別途)
主催・お問合せひょうごの在来種保存会 TEL:090-7879-8736(田中)

■「農福連携」シンポジウム 〜農業を通じた障害者就労、生活困窮者等の自立支援と農業・農村の活性化〜

日時2017年2月14日(火)13:00〜16:30
会場JA共済ビル カンファレンスホール(東京都千代田区平河町) アクセス
第1部基調講演「生活困窮者、引きこもり、触法障害者等の受け入れを中心に、これまで共働学舎新得農場が果たしてきた役割と今後の課題について」宮嶋望氏(共働学舎新得農場代表)
第2部研究成果及び事例報告
(1)農業を活用した障害者就労、生活困窮者等の自立支援に関する農林水産政策研究所からの研究成果
 小柴有理江氏(農林水産政策研究所主任研究員)、吉田行郷氏(農林水産政策研究所企画広報室長)
(2)事例報告
 竹本久保氏(兵庫県・NPO法人アゲイン理事長) 、野田大燈氏(香川県・公益財団法人喝破道場理事長)
第3部関連予算、支援制度について(農林水産省、厚生労働省)
第4部パネルディスカッション
参加費無料 定員:約230名 (締切:2月10日(金))
主催農林水産省
お問合せ農林水産政策研究所 TEL:03-6737-9012 FAX:03-6737-9600 詳細

■食材の寺子屋

日時2017年2月15日(水)13:30〜15:00(予定)
会場東京農業大学「食と農」の博物館 2階セミナールーム アクセス
講演者白石好孝氏(大泉風のがっこう主宰)
演題風のがっこうで野菜を作る
参加費一般 1,000円、会員 500円
主催・お問合せ仮認定NPO法人良い食材を伝える会 事務局(代表理事:中村靖彦氏) 詳細

■内山節 九州セミナー2017 in熊本

日時2017年2月16日(木) 10:00〜 17日(金) 16:00
会場肥後民家村(熊本県玉名郡和水町江田302番地 ) アクセス
テーマ自然災害とコミュニティを哲学する
講演者内山節
内容1日目:講義(対話)、2日目:被災地視察
参加費]2日間 16,000円(懇親会、宿泊費、バス高速代もすべて込み)、1日のみ 5,000円 定員30名 要事前申し込み(締切2月6日)
主催・お問合せ【熊本講演会実行委員会】ツナギビト 徳永伸介 090-5944-8812 メール
【内山セミナー事務局】田中一平(佐賀市)090-2650-8264 メール 詳細

■くまもと食・農・健康を創る会

日時2017年2月18日(土)13:00〜15:30
会場熊本市民会館シアーズホーム夢ホール 2階第7会議室 アクセス
内容1)総会
2)講演「熊本地震と食を考える」 (有)木之内農園 木之内均氏
3)ワークショップ「非常食を楽しむ」(全員で試食) 熊本市危機管理防炎総室
参加費500円(会員は年会費1000円持参) 締切:1月31日(火)
持参するものタオル(試食時の机、床拭き用)
主催・お問合せくまもと食・農・健康を創る会 楢木亮子(TEL/FAX:096-378-1710) 川野由紀子(TEL/FAX:096-342-5650)

■■『ドクター古藤の家庭菜園診療所』出版記念講演会

日時2017年2月18日(土) 13:30〜17:00
会場サンメッセ鳥栖 3F大会議室2(佐賀県鳥栖市) アクセス
講演者古藤俊二氏(JA糸島アグリ店長兼グリーンアドバイザー)
内容野菜の病気・害虫の退治から、作物・土の元気回復まで、あっと驚く独創的なワザについて話していただきます
参加費500円 定員60名(要事前申し込み)
主催・お問合せ農文協 九州沖縄支部 TEL:092-282-8550 FAX:092-282-8552 メール

■NPO法人民間稲作研究所 2017年公開シンポジウム

日時2017年2月18日(土)13:30 〜 19日(日)12:30
会場コンセーレ(栃木県宇都宮市駒生) アクセス
第T部有機農業による自給圏構想と地域循環型有機農業&地場産業 (18日13:35〜17:30)
○基調提案1「TPP崩壊後の遺伝子組み換え食品の新展開と有機農業自給圏構築の意義」天笠啓祐 (市民バイオテクノロジー情報室代表)
○基調提案2「有機農業自給圏構築のための栽培技術&加工技術」稲葉光國氏 (NPO法人民間稲作研究所)
○報告1「勅使川原精麦所 有機JAS取得への思いと有機食品自給圏への対応」勅使川原唯男 (勅使川原精麦所取締役社長)
○報告2「有機食品の地産地消と生協の役割」冨居登美子 (よつ葉生協会長)
○報告3「有機農業自給圏における地域通貨の可能性と課題」 野見山敏雄 (東京農工大学大学院教授)
○総合討論「食と環境を守るための有機農業自給圏構想をめぐって」
第U部子供たち・そして生き物の未来を守るために (19日9:00〜12:30)
○特別講演1「食べ物・環境と子どもの健康 −日本の食文化を守るために−」井上高光(さつき幼稚園 理事長)
○総合討論「有機農産物の地域自給と子どもたちの健康」
○特別講演2「神経毒性のある農薬による知的障害・発達障害の発症に関する新たな知見」木村-黒田純子(公益財団法人東京都医学総合研究所)
○総合討論「知的障害者の増加の現状とその原因と対策をめぐって」
参加費第T部4,000円(研究所会員割引あり)、試食・懇親会5,000円、宿泊5,000円、第U部2,000円
主催・お問合せNPO法人民間稲作研究所 詳細

■東京農大オープンカレッジ「地酒と発酵食」B班

日時2017年2月18日(土)〜19日(日) 1泊2日
見学場所【初日見学】(有)かんずり[妙高市](雪さらし)/君の井酒造(株)[妙高市]
【夕食の交流会:飲み放題&質疑応答】太田醸造(株)[妙高市](味噌蔵)・かんずり・清酒・どぶろく
【2日見学】(株)岩の原葡萄園[上越市](雪の葡萄畑)/どぶろく荘[日本農業賞。中川卓夫]
講師東和男
内容『上越の発酵食』:雪国の上越で、かんずり、味噌、どぶろく、酒蔵、ワイナリーを訪ね、発酵食を学びます。
参加費35,000円(バス、宿泊、3食費含む) 当日体験料として別途1,000円徴収
定員27名  締切:10/11(火)(※定員になり次第締切)
主催・お問合せ東京農業大学エクステンションセンター(実施・申込み:太平観光株式会社) 詳細

■近畿地域食育実践者等の交流会

日時2017年2月22日 (水)13:15〜16:30(受付 12:45〜)
会場コープイン京都(京都市) アクセス
基調講演「歯医者さんに学ぶ“日本人の食生活”」豊田裕章氏(豊田歯科医院 院長)
活動事例発表山口力氏(株式会社サンプラザ)、松下智明 氏、赤松佐恵子氏(JA おうみ冨士)
他に、パネル展示等による活動紹介及び参加者間の交流
参加費無料 要事前申し込み
主催・お問合せ近畿農政局 経営・事業支援部 地域食品課 TEL:075-414-9025 詳細

■社会教育施設における環境教育(第11回立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座)

日時2017年2月22日(水) 18:30〜20:30
会場立教大学 池袋キャンパス アクセス
講演者阿部治(ESD研究所所長ほか)氏
増田直広氏(キープ協会環境教育事業部事業部長ほか)※全体進行 ほか
内容講師による話題提供と情報交換
主催・お問合せ公益財団法人キープ協会(共催:立教大学ESD研究所) 詳細

■第30回サタデープログラム(土曜市民公開講座)

日時2017年2月25日(土)9:30〜11:00
会場東海高等学校・中学校(名古屋市東区筒井1-2-35) アクセス
講演者と演題島村光治氏「驚きの味覚体験〜ミラクルフルーツとギムネマ〜」
その他の講座1月末ごろ発表予定
参加費無料 1月末より先着順で受付
主催・お問合せ東海高校・中学校 TEL 080-9734-5111(サタプロ直通) FAX 052-936-5195 後援:愛知県/名古屋市 詳細