講演会・イベントなどのお知らせ

2017年5月

【最新のお知らせ】 【過去の一覧】

■対談 内田樹X内山節

日時2017年5月13日(土)10:00〜12:00
会場いでは文化記念館(山形県鶴岡市・羽黒山の門前町) アクセス
講演者内田樹氏(思想家・武道家)、内山節氏(哲学者) コーディネーター:星野文紘氏(羽黒山伏)
演題日本の聖地巡礼とコミュニティー
参加費2000円 要事前申し込み
主催・お問合せ(事務局)手向地区地域活動センター TEL&FAX 0235-62-2128 メール 詳細

■日本食育学会 第5回学術大会

日時2017年5月13日(土)・14日(日)
会場愛媛大学農学部樽味キャンパス(愛媛県松山市) アクセス
大会テーマ地域発,食育推進の重要性を考える
1日目プログラム13:00−14:45 「地域農産物のはだか麦をもとにした食育の可能性を考える」 中村丁次氏(神奈川県立保健福祉大学)ほか
15:00−16:45 「地域文化としての俳句から食を考える」 若林良和氏(愛媛大学)ほか
10:00−17:00 パネル展示:大会協賛企業による展示
17:30−19:00 交流会(懇親会)
2日目プログラム9:20−11:40 口頭発表
9:00−12:00 ポスター発表
11:40−12:00 日本食育学会・優秀論文賞・受賞講演
9:00−12:00 パネル展示:大会協賛企業による展示
参加費正会員4000円(事前3000円),学生1000円,非会員5000円(報告要旨配布) 懇親会は別途
主催一般社団法人日本食育学会
お問合せ国立大学法人 愛媛大学 農学部 メール 詳細

■『聞く力、つなぐ力』刊行記念シンポジウム3.11  東日本大震災 被災農家に寄り添いつづける普及指導員たち

日時2017年5月17日(水) 16:20〜19:50
会場東京農業大学世田谷キャンパス 1号館112号室 アクセス
テーマ私たちは被災地とどうつながりつづけるか
第1部
(16:20〜17:50)
対談 宇根豊×山下佑介「農業現場に寄り添いつづける」とは
 宇根豊氏(農と自然の研究所代表)、山下佑介氏(首都大学東京准教授)
 司会:岩元明久氏(日本農業普及学会副会長)
第2部
(18:20〜19:50)
報告「東日本大震災被災地の農業復興はいま」
 山下佑介氏、古川勉氏(元大船渡農業改良普及センター所長)、行友弥氏(農林中金総合研究所特認研究員)
 司会:宇根豊氏
参加費無料
主催・お問合せ日本農業普及学会、東京農業大学 詳細、 参加申込書

■澤登早苗先生と行く 神田隆先生のエコロヴィレッジ訪問ツアー(バス研修会)

日時2017年5月19日(金) 8:00〜(受付7:30〜)
会場花咲の湯・エコロヴィレッジ(群馬県片品村) 集合:恵泉園芸センター前(東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 3番出口)
講師澤登早苗
内容「植物と共に生きる暮らしの楽しみ」を提唱する神田隆先生が、群馬県片品村で展開 する〈環境共生型有機的学験村落〉ECOLO Villageを訪問。有機農業の実践者でもある澤登早苗先生もご一緒し、バスの中では有機農業、持続可能な 社会についてのお話も。
参加費14,000円(受講料・バス代・保険料・昼食代・税込) 定員:40名
主催・お問合せ学校法人恵泉女学園 恵泉フラワースクール 詳細

■第32回地域農政フォーラム

日時2017年5月19日(金) 13:30〜16:00
会場神戸市勤労会館 3階308号(神戸市中央区) アクセス
講演者藤本節代氏(三田市)、黒田美福氏(淡路市)、村田靖子氏(神戸市北区)、米谷友里氏(神戸市西区)
討論司会:保田茂
テーマ活躍する女性農業者たち
参加費1000円
主催・お問合せNPO法人兵庫農漁村社会研究所(代表:保田茂氏) TEL&FAX 078-241-4822(共用) メール

■第13回 棚田のあかり

日時2017年5月20日(土) イベントなど16:30 点火18:00 終了20:00
会場熊本県水俣市久木野寒川地区の棚田
内容田植え前の田んぼを2000本の竹のたいまつで照らす(事前ボランティアも募集)
見学料一般 500円(抽選券付)、高校生以下・大豆耕作団・食べる田助手会員 無料
主催・お問合せ愛林館(館長:沢畑亨氏) TEL&FAX:0966-69-0485 詳細

■食の検定・食農級取得講座(3級)

日時2017年5月20日(土)10:00〜15:10 食農3級講座
     27日(土)10:00〜15:00 食農3級講座+3級試験
会場東京農業大学世田谷キャンパス アクセス
内容(一社)日本の食文化を伝えていく会が主催する「食の検定」3級を取得するための講座と検定試験を実施
講師夏秋啓子氏(東京農業大学国際食料情報学部教授)、友田清彦氏(同左)、澤山茂氏(東京農業大学名誉教授)
参加費4,000円+検定料4,320円 定員40名(対象:高校生以上)
主催・お問合せ東京農大エクステンションセンター 詳細

■平成29年度 霧島里山自然学校

日時5月21日(日)〜11月26日(日)全7回
会場鹿児島県・霧島田口の霧島食育研究会農園(最終回の11月26日は霧島保健センター)
講師千葉しのぶ
内容美しい霧島山麓の田んぼや畑で、食を大切にする心を育む体験プログラム
参加費各回1000円(他に材料費、3歳以下のお子様は無料) 入会金3000円
対象幼児〜小学生とその保護者
主催・お問合せNPO法人 霧島食育研究会 詳細

■坂本廣子講演会

日時2017年5月23日(火)10:00〜12:00
会場ホルトホール大会議室(JR大分駅そば) アクセス
講演者坂本廣子
演題子どもと料理〜生きる力を育む〜
参加費500円(防災資料代) 託児あり(要申込) 要電話申込み(締切5月6日)
主催・お問合せグリーンコープ生協大分東センター組合員事務局 TEL:097-552-8837 詳細

■梅ア和子のプライベートキッチンでゆったりと学ぶ at古民家

日時2017年5月23日(火)
会場大阪府豊中市新千里西町の古民家(梅ア和子の自宅)
講演者梅ア和子
内容日常の食卓からおもてなし料理まで、旬の食材を使って一緒に作ります。季節折々の食養生についてなどを伝えます。
参加費8,600円
主催・お問合せいんやん倶楽部 詳細

■はじめての江戸東京野菜講座〜江戸東京野菜には物語があります〜

日時2017年5月27日(土) 13:00〜16:00
会場新宿御苑インフォメーションセンター2Fレクチャールーム/レストランゆりのき アクセス
講演者大竹道茂氏/上原恭子氏(江戸東京野菜コンシェルジュ協会 理事)
内容江戸東京野菜について、江戸東京野菜にまつわる物語などを通してわかりやすく解説。「食材としての江戸東京野菜」では料理への活かし方や食味体験する。
参加費3500円
主催・お問合せNPO法人江戸東京野菜コンシェルジュ協会 詳細

■BESS流×美浜町・季の野の台所コラボイベント 食農体験

日時2017年5月28日(日)10:00〜
会場BESS南愛知展示場(東海市太田町) アクセス
講演者森川美保
プログラム10:00〜13:00 (1)しょうゆしぼり体験 (2)釜戸×焚き火で野外料理
13:00〜 (3)野遊び体験〜動物ふれあい・竹パンづくり〜(予約不要・自由参加)
参加費(1)(2)は事前予約10組まで 大人1000円 こども500円(お醤油のお土産付)
主催・お問合せBESS愛知南展示場 TEL:0562-33-7770 詳細

■ミレット藤野・自給農耕ゼミ2017

日時2017年5月28日(日) 10:00〜15:00 (12月3日まで6回連続講座)
会場JR中央本線・藤野駅周辺(神奈川県) ※畑は藤野駅隣にあります。
農作業種蒔き 指導:中川智氏(農家 山梨県上野原市西原在住)
講座「日本古来からの長寿食遺産を継承する」木俣美樹男氏(民族植物学・雑穀研究)
参加費1回:6000円、 6回通し・一括払い:30,000円
主催・お問合せミレット藤野 詳細

■赤ちゃんと子どもの命を守る防災教室

日時2017年5月30日(火) 第1回11:30〜12:30 第2回14:30〜16:00
会場アサヒ ラボ・ガーデン(大阪市北区 JR 大阪駅南口から徒歩5分) アクセス
第1回講師:坂本佳奈氏 募集対象:子育て中の保護者と子供25組
第2回講師:坂本廣子氏 募集対象:一般・保育関係者70名
参加費各回500円(防災資料代) 締切5月10日 応募者多数の場合は抽選
主催・お問合せまなぼうさいらぼ メール 詳細


▲このページのトップ