<<戻る

宇根 豊



氏名:
宇根 豊
ふりがな:
うね ゆたか
肩書き:
農と自然の研究所 代表
出身都道府県:
長崎県
生年(西暦):
1950
現住所:
福岡県
主な経歴:
1973年 福岡県農業改良普及員
1978年 減農薬運動を提唱
1989年 新規参入で就農
2000年 福岡県退職
2001年 NPO法人農と自然の研究所 代表理事
2010年 同 解散
現在は任意団体として活動

上記肩書き以外の「主な役職」:
農水省生物多様性戦略検討会委員
農業普及学会理事
東京農業大学客員教授
人間環境大学講師
農学博士

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食と自然のつながり

<農>

農的ライフスタイル

有機農業

生産技術_全領域

生活文化・農村文化

自然環境、政策、技術論

<食農教育>

田んぼの学校

■メッセージ

 一杯のごはんには、赤トンボが何匹付随しているのでしょうか。オタマジャクシはどうでしょうか。キンポウゲは何本?涼しい風は何秒くっついているのでしょうか。私たちは米は生産物、メダカやホタルは生産物ではないと、平気で分別しますが、それはまともな価値観でしょうか。いつのまにか、ごはんと自然環境がつながっていることが忘れられています。両者を結んでいる百姓仕事が見えなくなったからです。
 狭く、浅く、短い技術、カネになるものしか生みださない近代化技術が隆盛になり、「安全で、おいしく、安く、安定して輸入される食べもの」なら問題ないという論理に反論できなくなりました。あたりまえの、まともな農が、そこに、いつも、存在しなければならない根拠が見失われました。
 先日も衝撃的な事態を見聞しました。田んぼをつぶす道路の計画に対して、米の価値では反対できないのです。住民は「田んぼは減反で余っているのではないか。米は新潟県から買えばいい。」と言うのだそうです。「道路の方がずっと重要だ。」ということでしょう。「いや、百姓のオレが困る。」と言っても、「私だって、失業中なんだ。」と言われれば、二の句が継げません。ところがその田んぼの水路に、メダカが見つかると事態は一変するのです。メダカはすでに絶滅危惧種で、そこの小川に、いつも、泳いでいるから価値があるのであって、水槽で保存したり、遠くに見学に行けばいいというものではありません。メダカを守るために、田んぼは守らなければならないという論理は説得力を持つのです。このことは戦後の農業観を、根底からくつがえしてしまいます。カネになる生産と、カネにならないものを切り離したときから、農業の堕落は始まっていたのです。
こうして、農業再生の新しい思想が生まれました。農は、メダカ(自然)によって守られるのです。それは決して恥ずかしいことではありません。百姓は、ずーっと生きものと一緒に生きてきたではありませんか。

■ホームページ、ブログ

農と自然の研究所

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)