<<戻る

村田 武



氏名:
村田 武
ふりがな:
むらた たけし
肩書き:
九州大学名誉教授
出身都道府県:
福岡県
生年(西暦):
1942
現住所:
愛媛県

主な経歴:
1966年 京都大学経済学部卒業
1969年 京都大学大学院経済学研究科博士課程中退
大阪外国語大学(ドイツ語学科)助手、講師、助教授を経て
1981年 金沢大学経済学部助教授、教授を経て
1998年 九州大学農学部教授
2000年 九州大学大学院農学研究院教授
2005年 愛媛大学農学部教授
2008年 同特命教授
2009年 同社会連携推進機構教授
2013年 同社会連携推進機構客員教授
2015年 愛媛大学アカデミックアドバイザー
上記肩書き以外の「主な役職」:
(株)愛媛地域総合研究所代表取締役
愛媛県自然エネルギー利用推進協議会会長
NPO法人自然エネルギー愛媛理事長

■お話のジャンル・領域

<農>

有機農業

朝市・産直、農業の6次産業化

地域農業システム

地産地消

■メッセージ

 「脱原発・再生可能エネルギーで村おこし」に取り組んでいます。評論家・内橋克人さんの「F(フード)・E(エナジー)・C(ケア)自給圏づくり」に刺激されて。
 とくに、バイオガス発電(家畜糞尿がメタン原料)を活かして、新たな耕畜連携で水田農業の主食用米単作からの脱却、加工型畜産の土地利用型畜産への本格的転換を提案しています。

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)