<<戻る

吉本 哲郎



氏名:
吉本 哲郎
ふりがな:
よしもと てつろう
肩書き:
地元学ネットワーク 主宰
出身都道府県:
熊本県
生年(西暦):
1948
現住所:
熊本県
主な経歴:
1971年 宮崎大学農学部卒 
1971〜2008年 水俣市役所
1997〜1999年 熊本大学非常勤講師

上記肩書き以外の「主な役職」:

■お話のジャンル・領域

<農>

地元学

■メッセージ

 自然を畏れつつ、その恵みに感謝してきた地域固有の風土と共にある暮らしは、常に自然の持っている力を損なわずにうまく使いこなし、引き出しながら折り合いをつけ暮らしてきた歴史なのです。先祖より時の検証を経た智慧を、工夫しながら受け継ぎつつ。
 わたしたちは、そのわけを読み解かねばなりません。
 地域がこれからも地域であり続けるために、地域と人の持っている力に気づき、町や村の元気を自分たちでつくっていくことが世界同時不況の中でより強く求められてきました。なぜなら、自分たちでやらない限り、より大きな外の力に飲み込まれてしまうからです。自ら調べる地元学とは、そういうことなのです。
 目指すのは、人が元気で、自然も元気で、経済も元気な町や村をつくることにあります。
 ただし、経済は、お金の経済と共同する経済、それに自給自足の経済の三つがあります。この三つの元気と三つの経済を整えていきます。
 私たちに問われているのは、地域や組織の中で困った問題を創造的に解決していく力なのです。

■主な著書・雑誌記事等

  • 岩波ジュニア文庫 『地元学をはじめよう』 岩波書店
  • 「広がり進化する地元学」『農村文化運動』2007年7月号 農文協
  • 『風に聞け、土に着け 風と土の地元学』 
  • 『私の地元学』 NECクリエイテイブ
  • 「地域から変わる日本 地元学とは何か」『増刊現代農業』 農文協
  • 寄稿『住のエコロジー』 NHK出版

  • お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)