<<戻る

林 美香子



氏名:
林 美香子
ふりがな:
はやし みかこ
肩書き:
慶應義塾大学大学院SDM研究科特任教授
出身都道府県:
北海道
生年(西暦):
現住所:
北海道
主な経歴:
北海道大学農学部卒業後、札幌テレビ放送アナウンス部入社。 退社後、キャスターとして活動。FM北海道(AIR-G')パーソナリティなど放送の仕事を中心に、活字媒体での「食と農」の取材の他、「食と農」関連のシンポジウムにパネリスト、コーディネーターとして、参加している。

上記肩書き以外の「主な役職」:
農都共生研究会会長
北海道田園委員会委員長
北海道大学大学院農学研究員客員教授
北海道大学新渡戸カレッジフェロー

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食生活

食品加工

スローフード その他

<農>

農的ライフスタイル

朝市・産直、農業の6次産業化

生活文化・農村文化

地産地消

<健康>

健康法

食と栄養

<食農教育>

その他

■メッセージ

<農学部出身アナウンサーの田園回帰>
 農学部卒業後、アナウンサーに。さまざまなジャンルの番組を担当しましたが、一番興味を感じたテーマは「食と農」でした。キャスターとして、放送や活字媒体での取材、シンポジウム・講演会の仕事を通じて、「食と農」を中心テーマとして取り組んでいます。
 農業の持つ多面的素晴らしさや、ファームインや産直に活路を見いだす農村女性の奮闘ぶりなどを、取材者として多くの方に伝えたいと思います。
  日本の農業は、今まで以上に都市生活者や消費者との連携を図っていくべきだと考えています。北海道大学工学部社会人博士課程で「農村と都市の共生による地域再生」を研究し、博士(工学)を取得しました。「農村と都市の共生」こそ、これからの地域再生のキーワードだと考えています。そのためにも多くの人に、農業・農村に関心を持ってほしいと願っています。

■ホームページ・ブログ

AIR-G「MIKAKOマガジン」
農都共生研究会

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)