<<戻る

稲葉 光國



氏名:
稲葉 光國
ふりがな:
いなば みつくに
肩書き:
NPO法人 民間稲作研究所 理事長
出身都道府県:
栃木県
生年(西暦):
1944
現住所:
栃木県
主な経歴:
S.43(1968) 東京教育大学大学院修士課程修了(農学研究科)
S.44(1969)栃木県立栃木農業高校勤務
S.46(1971)栃木県立真岡農業高校勤務
H.9(1997)同上退職 民間稲作研究所設立
H.11(1999)NPO法人民間稲作研究所理事長
H.12(2000)有機農産物の登録認定機関となる
H.17(2005)認定業務を社団法人民間稲作研究所認定センターに移管
H.21(2009)NPO法人民間稲作研究所有機農業技術支援センター設立
H.24(2012) 一般社団法人グリーンオイルプロジェクト(福島原発による放射能汚染を農民的手法で実施する団体)設立、代表理事
上記肩書き以外の「主な役職」:
かみのかわ有機農業推進協議会代表

■お話のジャンル・領域

<農>

有機農業

地域農業システム

生産技術

■メッセージ

 戦後70年、日本の農業はひたすら農薬と化学肥料に依存し、豊かな自然を壊し、子供たちの健康を犠牲にしながら関連企業の私的な利潤追求の食い物にされてきました。企業にとって価値のない地域と農業は限界集落・消滅集落とされ、切り捨てられようとしています。
 だれでも・どこでもできる「多様ないのちを育み、地域の資源を守り育てる循環型の有機農業」をベースに、日本の農業と地域を土台から立て直す運動を提案します。

■ホームページ、ブログ

NPO法人民間稲作研究所 かみのかわ有機農業推進協議会

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)