<<戻る

竹下 和男



氏名:
竹下 和男
ふりがな:
たけした かずお
肩書き:
子どもが作る“弁当の日”提唱者
出身都道府県:
香川県
生年(西暦):
1949
現住所:
香川県
主な経歴:
小学校教員9年、中学校教員10年、教育行政職9年を経て
2000年度より綾南町立滝宮小学校校長
2003年度より国分寺町立国分寺中学校校長
2008年度より綾川町立綾上中学校校長
2011年度よりフリーで執筆・講演活動中
上記肩書き以外の「主な役職」:

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食生活

<食農教育>

学校給食

食育

幼児期の食育

■メッセージ

 親は手伝わないでと保護者に訴えて、献立から片付けまですべて子どもに取り組ませる「弁当の日」の講演・執筆活動をしている。
 2001年に香川県・滝宮小学校でスタートした「子どもが作る弁当の日」は、2014年度末で実践校は1700校を超えた。2003年に「地域に根ざした食育コンクール」で農林水産大臣賞を受賞した。2014年に第8回キッズデザイン賞、消費者担当大臣賞を受賞した。2015年、ミラノ万博日本館では世界に向けて弁当の日が紹介されている。未来の子どもたちの食と農をよくしていくための優れた教育実践だと評価されたことを喜んでいる。
 子どもたち・若者たちの食の乱れは、お友たちの責任だ。食べることの大切さを学ぶ機会として、弁当の日が全国でさらに広がることを願っている。
 「子育ては楽しい」「子どもに今よりいい社会を残したい」という大人を増やしたいのです。

■ホームページ、ブログ

ひろがれ“弁当の日”ウェブサイト
“弁当の日”実践校一覧

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)