<<戻る

安井 孝



氏名:
安井 孝
ふりがな:
やすい たかし
肩書き:
今治市産業部長
出身都道府県:
愛媛県
生年(西暦):
1959
現住所:
愛媛県
主な経歴:
元有機JAS規格の格付け方法に関する検討会委員(農水省)
元愛媛県特別栽培農産物認証委員会委員
今治市食と農のまちづくり委員会委員(今治市)
上記肩書き以外の「主な役職」:
NPO法人愛媛県有機農業研究会副理事長・認定業務主任

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食の安全性

<農>

有機農業

地産地消

<食農教育>

学校給食

食育

■メッセージ

 今治市では、地域に暮らす人々が、地元で生産された安全で新鮮な農林水産物を消費することで市民の健康増進、地域農業の振興、地域経済の活性化を図る。単に地域内生産地域内消費の略語ではなく、「安全」を第一に考えて、33年前から食の安全、地産地消に取り組んでおり、それを象徴するのが本市の学校給食の取り組みである。

1.今治市の学校給食
 本市の学校給食は、自校式調理場、食材への地元産の農産物を優先使用、有機農産物の導入、今治産の特別栽培米の使用、地元産小麦100%で製造したパンの供給などが特徴的である。

2.今治市食と農のまちづくり条例
 「食料の安全性と安定供給体制を確立する都市宣言」を実行するため、2006年9月に食と農のまちづくり条例を制定した。この条例は、地産地消、食育、有機農業の推進を三本柱として地域の農林水産業の振興を基軸としたまちづくりを進めていこうとするものである。

3.その他の取り組み
1)安全な食べ物の作り手である生産者の育成を目指し、「市実践農業講座」を開設
2)「地元産有機農産物等普及推進事業」を創設
3)農薬や化学肥料を使わないことが入園条件の「いまばり市民農園」を設置
4)「地域食材活用学校給食モデル事業」の取り組み
5)冊子「これぞ!いまばりの学校給食」や「レシピ集」の発刊
6)いまばり地産地消推進運動の推進
7)総合学習の時間を用いた食育モデル授業の実施などを行っている。

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)