<<戻る

沢畑 亨



氏名:
沢畑 亨
ふりがな:
さわはた とおる
肩書き:
水俣市久木野ふるさとセンター・愛林館 館長
出身都道府県:
熊本県
生年(西暦):
1961
現住所:
熊本県
主な経歴:
1988年 東京大学農学系大学院林学専攻修士課程修了、農学修士
同年 西武百貨店池袋店食品企画課
1989年 熱帯文化研究開発機構を創設
1994年 全国公募の現職に選ばれ、現在に至る

上記肩書き以外の「主な役職」:
・水俣市環境審議員(95/4〜)
・熊本県地域づくりコーディネーター(98/4〜)
・熊本大学講師(00/4〜)
・NPO法人水俣教育旅行プランニング理事(01/9〜)
・熊本学園大学講師(07/4〜)
・水俣市立久木野小学校学校評議員(03/4〜)
・熊本県水の達人(03/10〜)
・熊本県水環境マイスター(04/5〜)
・農林水産省 環境相談員(04/7〜)
・熊本ツーリズムコンソーシアム副会長(07/3〜)
・熊本県新幹線くまもと創り応援隊(07/7〜)
・水俣市環境首都まちづくり委員(07/11〜)

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食文化_日本

食文化_世界

食生活

食料問題

流通問題

食の安全性

スローフード

<農>

農的ライフスタイル

定年帰農

朝市・産直・農業の6次産業化

地域資源

地域農業システム

生活文化・農村文化

地元学

棚田保全の実践、グリーンツーリズム

<健康>

食と栄養

<食農教育>

食育

総合的学習

ボランティアと共同する方法、その実例としての20haの森づくり

<その他のジャンル>

ボランティアと共同する方法、その実例としての20haの森づくり

■メッセージ

 公募に応じて愛林館の館長となり、山村暮らしも21年。棚田を守る各種の活動(大豆畑トラスト運動「大豆耕作団」、素人労働力による耕作断念田の草刈「田助手」、石垣積み教室、バイオディーゼルと竹のたいまつで棚田を飾る「棚田のあかり」)、森を育てる「水源の森づくり」(針葉樹の伐採跡に広葉樹をボランティアの皆さんと植えて育てて21ha)、食育のプロを育てる「棚田食育士養成講座」(霧島食育研究会と共催、森と農地と台所の一体性を感じてもらっています)などを通じ、棚田や森林の公益的機能についての理解を増やそうと努力中です。
 2時間の手作り体験(豆腐・そば・うどん・こんにゃく・炭焼き・間伐)から3泊4日の合宿まで、いろいろな長さと深さの研修も受け入れています。
 山の村の暮らしに学び、現代生活をエコロジー面から見直すきっかけを提供します。

■ホームページ、ブログ

愛林館

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)