<<戻る

豊田 菜穂子



氏名:
豊田 菜穂子
ふりがな:
とよだ なほこ
肩書き:
フリーライター
出身都道府県:
東京都
生年(西暦):
1957
現住所:
北海道
主な経歴:
上智大学文学部新聞学科卒業後、ライター集団「リストマニア企画」設立
英語翻訳や雑誌・PR誌・単行本・ガイドブックなどの企画・執筆・編集に携わる。
その傍らニコライ学院にてロシア語を学び、たびたびロシアを訪問。ロシアの住民農業ダーチャをテーマに、取材・執筆・講演活動やツアー企画などを行なう。
上記肩書き以外の「主な役職」:
リストマニア企画代表
日本ユーラシア協会帯広支部常任理事

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食文化_世界

スローフード

<農>

農的ライフスタイル

ロシアのダーチャ、都市農業

■メッセージ

 ロシアには「ダーチャ」と呼ばれる菜園つきセカンドハウスがあり、多くの都市住民がこのダーチャで夏の週末を過ごしています。

 ロシアというと、暗くて寒いというイメージがありますが、ダーチャ暮らしには明るくて温かいロシアがいっぱい詰まっています。

 国内生産高の8割以上を占める驚異の野菜自給率、田舎暮らしと都市生活の両立、食文化やモノづくりの技の伝承、野菜も花も同等に扱うロシア流ガーデニング、さらには年金生活者の生きがいづくり等など、私たちの暮らし方のヒントにもなるダーチャでのスローライフを写真とともにご紹介したいと思います。

 これまで、モスクワ、ウラジオストク、ハバロフスクなど、ロシア各地のダーチャを訪ね、ダーチャ住民を束ねる地元の園芸家協会と交流を図り、ダーチャ訪問ツアーの企画も行ってきました。ダーチャでの人的交流が、農的暮らしのみならず、自然との接し方、親子関係や夫婦関係のあり方、人間力の育み方など、日本人が忘れかけているものを考えなおす契機となればと願っています。

 また個人的には、キャベツ畑の向こうに富士山が見えた頃の東京を知る者として、ベランダ菜園や都市鳥観察、野草やキノコの観察など、東京ローカルにこだわった農と自然のある暮らしを探求してきました。

 2013年秋からは、北海道帯広市にて、引き続き農ある暮らしを探求するとともに、十勝の食材を使った料理研究、ばんえい競馬をはじめとする北海道の馬文化の取材などを行っています。

 ロシアのダーチャ事情とともに、ダーチャ的暮らしを綴ったブログ「サムイズダート・ロシア」をあわせてご参照ください。

■ホームページ、ブログ

サムイズダート・ロシア

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)