<<戻る

嘉村 則男



氏名:
嘉村 則男
ふりがな:
かむら のりお
肩書き:
NPO法人 やまぐち里山環境プロジェクト代表
出身都道府県:
山口県
生年(西暦):
1957
現住所:
山口県
主な経歴:
1993〜 山口大学農学部附属農場 
2006〜 山口大学共通教育総合科目「食農環境教育概論」講師
2007〜 山口大学公開講座「今日から始めるグリーンライフ講座」講師
2009〜 美祢社会復帰センタ職業訓練啓発セミナー講師
1994〜 やまぐち里山環境プロジェクト主宰
上記肩書き以外の「主な役職」:
山口大学農学部 技術専門職員

■お話のジャンル・領域

<農>

農的ライフスタイル

定年帰農

地域資源

生産技術(全領域)
<食農教育>

食育

総合的学習

■メッセージ

私達の住む山口県は、三方を海に囲まれた豊かな自然と、そこに暮らす人々の豊かなライフスタイルがあります。さらに、歴史や文化を今に伝える大変すばらしいところだと思います。

 山口県は江戸時代以降の四白政策により、一次産業を中心としてめざましい発展を遂げ、明治時代以降の石炭や重工業の発展により、日本有数の工業県へと大きく発展しました。
 一方、山口県の農業・農村・食料自給率は国内同様に、急激な近代化の波にさらされると共に、国際市場という大きな土俵に上げられ衰退の一途を辿り、少子高齢化や後継者不足、食糧の自給率も40%前後を推移する低い状況に陥りました。
 現在、日本の農業・農村・食料は、工業が作りだした手段に頼らなければ何一つ生産できない状況に陥っている現状で、農業経営は苦境に追い込まれ若者の農業離れも加速しています。また、地球規模の異常気象が頻発し社会環境も悪化する中で、国民の価値観は大きく変化しています。特に、科学技術の進展に支えられた物質文明から、生命と環境を大切にする生命文明へと人々の思考が移行していると感じる今、私自身が消費者としても、「食品の安全」や「農的ライフスタイル」に対する興味が深まり、社会に対して何らかのアピールが出来ないかと考えるようになりました。
 現在、私は任意団体ではありますが「やまぐち里山環境プロジェクト」を主宰し、共通認識を持つ仲間と共に、子ども達を中心とした「教育ファーム」や「自然体験学習」の場を提供しています。また、団塊の世代と呼ばれる中高年の方々を対象にした「教育ファーム」や「田舎暮らし講座」を開催しています。
今後は、グループの活動を中心に、自分自身が、求める「農的ライフスタイル」の追究に併せて、都市と農村の交流・対流を推進し、既存の枠にとらわれない新しいコミュニティを創ることが目標です。

■主な著書・雑誌記事等

  • 「食食てんこ盛り体験」『食農教育』2005年5月号 農文協
  • 「食・農・環境をテーマにした地域連携」2005年、山口環境ネットワーク・記念シンポジウム記念要旨 
  • 「食農体験を通して命を考える」2003年、山口大学FD講演会「命の授業を考える」記念要旨 

  • お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)