<<戻る

古屋 勝



氏名:
古屋 勝
ふりがな:
ふるや まさる
肩書き:
北海道食育コーディネーター
出身都道府県:
北海道
生年(西暦):
1946
現住所:
北海道
主な経歴:
酪農学園短大卒業
農業に従事(水田)
結婚後さまざまな地域活動にとりくむ
農民運動
上記肩書き以外の「主な役職」:
上川中央農業共済組合監事
東旭川町農民同盟委員長
旭川グリーンツーリズム推進会議代表

■お話のジャンル・領域

<食文化>

食文化_日本

食料問題

食の安全性

<農>

朝市・産直・農業の6次産業化

生活文化・農村文化

地産地消、わら細工指導

<食農教育>

食育

総合的学習

■メッセージ

古屋農園の入り口には「大地からの命と農の心を届けます」と書かれた手作り看板があります。私たちは「農業はいのちを生み出す生業」との思いで農業を続けてきました。

「農」の現場に来てもらい、共に汗を流しながら語り合う。それは、机に向かい合っての消費者交流を超えて「農を、食を、いのちを」を共有出来ることを願っています。

農業が生産するもの、それは「いのちを守り育むもの」でなければならない。長く親交を頂いてきました「相場暁先生」は、私たちによく話してくださいました。

どのようにして、農の側から情報を発信し、農業の現場を知ってもらうか。「いのち」の大切さ、私たちの生産する農産物の「本物の味」「旬の味」「命を育む力」などを伝えるか。さらに「瑞穂の国」と言われてきた日本の米を中心にした「食文化」、「わら細工」などの生産と生活の知恵を伝えて行きたいとの思いで、生産活動、消費者交流、農業体験受け入れ、わら細工指導などを手がけています。

農作物の本物の姿、本物の味などを、「見る・さわる・味わう」という体験は、街の真ん中の子供たちにはなかなか難しいことでも、農の現場に来てもらえれば容易なこと。それは「本物に出会う学習の場」です。野菜に名札を立て、稲も北海道での米作りが始まった頃の品種から今食べてもらっているものまで10数種類を作付け展示、黒米や赤米などの古代米から、観賞用の稲まで1ヵ所にまとめて観察ができるようにしています。

これまでの主な取り組み
1.市民生協との交流の取り組み(はさがけ米での産直と体験交流)

2.旭川市民(A)農業(N)大学(D)・ANDの取り組み
  市民参加の通年体験プログラム

3.修学旅行での農業体験受け入れ

4.子供農業体験塾の取り組み

5.絵文字の田んぼからのメッセージ

  紫稲を植え込んで「文字」を書きメッセージを伝えています


農の側からの情報発信、農業の現状と課題についてより多くの消費者に理解を頂き、農業の応援団になってほしい。この思いは少しずつ広まり多くの交流と対話そして応援団ができてきました。農業が「命」について明確な決意と意思表示を持って、消費者に向かっていかなければ、日本農業の(私たちの)農業に明日はないと私は思っています。

幸い多くの機会を頂き、語り伝えることが出来、古屋農園に足を運んで頂けることを心からうれしく思っています。

今後はより充実したプログラムの構築、受入れ態勢の整備(周辺環境や施設、地域の農家との連携)、さらに一過性ではなくリピーターとして、農を訪ねてもらえるように研鑽を深めていきたいと思いがんばっています。

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)