<<戻る

横石 知二



氏名:
横石 知二
ふりがな:
よこいし ともじ
肩書き:
(株)いろどり 代表取締役社長
出身都道府県:
徳島県
生年(西暦):
1958
現住所:
徳島県
主な経歴:
1979 上勝町農協 営農指導員
1996 上勝町役場産業課長課長補佐
2005 代表取締役 
2009 代表取締役社長
上記肩書き以外の「主な役職」:

■お話のジャンル・領域

<農>

地域資源

地域農業システム

■メッセージ

世界中探したってこんな楽しい仕事ないでよ

 人口1654人、徳島県の山あいの町上勝町では、全国の料理店、ホテル等に出される料理の名脇役といわれる妻物の生産に取り組んでいます。上勝町は総面積の86%が山林で高齢化比率は51%と典型的な山村ですが、恵まれた自然を生かした個性あふれる商品づくりが盛んです。この彩事業は昭和61年の秋からスタートし、現在200軒の生産者がもみじや南天、笹など320種類の妻物を生産しています。万葉集にも伝えられているように、「かいしき」はもともと器がない時代に葉を皿がわりに使ったことが始まりとされており、料理の新鮮さや季節感をいきいきと表現することができるものです。

 その演出には自然に恵まれた上勝町のようなところが最高の商品が提供できることに気がつき「自然の恵みに真心添えて」を合い言葉に地域の女性たちが日々取り組んでいます。なんといっても頼りになるのが、地域独自のシステムを開発したことで、急ぎの注文は役場の防災無線を使ってファクスで瞬時に対応、全体的な流れは個々のパソコンを使って毎日何が必要とされているのか見ることができます。最近ではタブレット端末を使いこなしています。この独自の仕組みが使っていただいている料理人の方々に、安心してお届けできる理由です。

 また地域活動としてゴミゼロ運動を展開し、町から出されるゴミを34種類に分別、現在80%のリサイクルを行ない2020年までに町のゴミをゼロにするという目標を立てています。環境面にも力を入れており、ゴミを焼却する施設もない、ゴミ収集車も走らないすばらしい環境のところで育てた葉っぱなんですよというのが、町を上げての取り組みです。

「世界中探したってこんな楽しい仕事ないでよ」と満面の笑みで語るおばあちゃんの表情はまさに自分の居場所を見つけた幸せを実感しています。

■ホームページ、ブログ

葉っぱの町上勝町いろどり

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)