<<戻る

山内 宥厳



氏名:
山内 宥厳
ふりがな:
やまのうち ゆうげん
肩書き:
楽健法研究会代表
出身都道府県:
徳島県
生年(西暦):
1936
現住所:
奈良県
主な経歴:
日本アーユルヴェーダ学会理事 同会の事務局長18年歴任
1971年、楽健法研究会発足
1972年、天然酵母パンの研究にかかる
1974年4月、楽健寺パン工房営業開始
1976年アーユルヴェーダ研究会・有害食品研究会、両事務局長就任
1991年4月、真言宗磐余山東光寺住職就任

上記肩書き以外の「主な役職」:
詩誌『人間』『ブラックパン』を経て現在日本未来派同人
劇団『阿修羅』主宰 一人芝居「がらんどうは歌う」公演活動中

■お話のジャンル・領域

<食文化>

日本の食文化、世界の食文化

食生活、食料問題

食品加工、食の安全性

<農>

有機農業

<健康>

健康食、生活習慣病、食とアレルギー

健康法(楽健法、アーユルヴェーダ関連)

■メッセージ

 楽健法は家庭でだれでも取り組める分かりやすい健康法です。
東光寺の道場、東京、大阪、広島など各地に教室があります。短時間で循環がよくなる健康法ですから、慢性病でなかなか改善されない体質も、家庭で毎日継続していただくことで良くなってきます。
 介護を受けないで老後を元気に自立して生きていく手段として、楽健法を活用してください。楽健法を他人にやってあげることが、即自分の健康法にもなるのが楽健法の特徴です。互いに助け合って暮らす、楽健法はそれを可能にしてくれる健康法です。

 楽健寺の天然酵母パンが1981年に朝日新聞に紹介され、天然酵母パンというものが世間にひろく知られるきっかけになりました。自分で育てるパン種で繰り返しおいしいパンを継続して作ることができます。
 楽健法とセットで各地で講習会を開催しています。酵母は自分で作る、これが天然酵母パンの基本です。

■ホームページ、ブログ

東光寺 楽健法と楽健寺の天然酵母パン

■主な著書・雑誌記事等


お問い合わせはこちら:農文協(食と農の応援団事務局)