月刊 現代農業 隔月 食農教育 隔月 保健室
  増刊 現代農業 月刊 技術教室 季刊 食育活動

理科好きな子どもを育てる授業づくり
初等理科教育

B5判
日本初等理科教育研究会 編集
「子ども自ら問題解決していく」小学校理科の授業づくりを
一貫して追究してきた伝統ある月刊誌。
実験・観察やものづくりのアイデアから、指導案づくりまで。


2014年3月号 No598
問題解決,形骸化を打破!
3月号表紙
  • 3月の自然のたより 写真提供:増田和明
  • 特集キーワード 鷲見辰美
  • 『初等理科教育』の功績を讃えて 村山哲哉
  • 「学びたくてたまらない!」と思わせる教材の出会わせ方と支援の工夫
    ─5学年「メダカのたんじょう」の実践を通して─ 石川太一
  • 自ら問題を見つけ,意欲をもって解決していく子の育成
    ─3学年「太陽のうごきと地面のようすを調べよう」の学習を通して─ 
    彦坂訓宏
  • 問題解決学習を通して,子どもの活用力を高める授業作り
    ─3学年「物と重さ」の実践事例より─ 大久保仁志
  • 単元を貫く課題に向かって,仲間とかかわりながら問題を解決していく授業
    ─4学年「私たちのからだと運動」の実践を通して─ 神谷明日香
  • 子どもの主体的な問題作りと問題解決学習のあり方を考える
    ─5学年「電磁石の秘密を探ろう」の実践を通して─ 上村眞吾
  • 子どもの意識の流れを柱にした問題解決 中本幸志
  • 子どもの認識とずれのある事象提示から生まれる問題解決学習
    ─3学年「豆電球に明かりをつけよう」の学習を通して─ 伊藤洋康

 問題解決を形だけで考えれば,問題設定から解決・活用までと,簡単に表わすことができます。

 しかし,形だけでは問題解決の意味がありません。問題解決は長く研究されてきましたが,未だに形だけの問題解決になってしまう授業があるのではないでしょうか。

 問題解決の各段階の問題点,解決の糸口について,次のように考えています。

(1)問題設定 子どもたちがもつ問題の共通化・問題意識の醸成ができない

・個々の子どもたちが問題意識を高めることができない。そして,それを共通化し,学習目標と一致させることが,さらに難しい。そこで,教師が問題を提示してしまうことになる。

→解決の糸口 共通体験,振り返り,身近な自然の事象提示からの問題設定

(2)予想 体験にもとづく,根拠を明確にした予想ができない。

・なんとなくという予想しかできない。もしくは,知識として知っていることを反復しているだけの予想になってしまう。

→解決の糸口 過去の学習体験を生かした問題設定,体験を想起させる手だて

(3)実験・観察 何のために操作するのか理解して,実験観察することができない。

・友達に分担された作業だけをしている。なぜその活動をするのか,意味を理解していないまま活動してしまう。

→解決の糸口 実験方法の計画,吟味時間の設定,問題意識の醸成

(4)結果・考察 結果を明確にすることができない。結果と考察の区別ができない。

・共通の結果が明確にならない。結果のみにとどまる考察しか書けない。また,なぜそう考えるのか理由を説明することができない。

→解決の糸口 板書による結果の共有化,予想と対応させた考察

(5)活用 学習したことを活用することができない。知識の定着がみられない。

・学習したはずなのに,それを生かした活動,それをもとにした思考ができない。理解の深まりが感じられない。

→解決の糸口 理解の自己評価とやり直し可能な時間設定,振り返り重視の課題設定

 ここでは各段階に分けての問題点と解決の糸口をあげましたが,形骸化の根本的解決のためには,全体を通しての対応が必要になると考えています。本号では各段階にポイントをあてながらも全体像がみえるように提案をしています。いずれも実践にもとづく提案です。この提案からヒントを得ていただき,授業の実践・改良を進めていただけることを願っています。

(担当/鷲見 辰美)


Back Number

2014年
2月号 問題解決を通して,達成感・自己効力感・有用感を高める
1月号 科学的思考力を鍛える系統性の考え方
2013年
12月号 理科授業の指導と評価
11月号 理科指導力の向上策
10月号 科学的思考力を高める言語活動
9月号 批判的に思考する力の育成
8月号 深い理解を促す活用型理科授業
7月号 考察,まとめ指導のあり方
6月号 B区分の問題解決はこれだ!
5月号 観察・実験の技能向上策
4月号 全国学力・学習状況調査を踏まえた授業改善
3月号 活用を促す課題のあり方とその効果
2月号 子どもの問いが生まれる導入の工夫
1月号 言語活動を生かした問題解決を考える
2012年
12月号 問題解決再考
11月号 学力調査から見えた理科の学力
10月号 言語力を鍛えるノート指導のアイデア
9月号 理科における言語活動
8月号 エネルギー・環境教育を考える
7月号 自然を体験して理科の楽しさアップ!
6月号 理科授業に生きるおもしろ観察・実験
5月号 理科の授業作りが楽しくなる3つの方策
4月号 「科学的な思考・表現」を評価する
3月号 外部との連携で理科の楽しさアップ!
2月号 評価の仕方で授業が変わる「思考・表現」
1月号 新単元の成果と課題
2011年
12月号 新単元の成果と課題
11月号 推論する能力を育てる
10月号 未来を拓く問題解決 第50回全国大会
9月号 子どもの思考を深める板書
8月号 ものづくりと問題解決
7月号 実感を伴った理解
6月号 子どもを引きつける新しい「終末指導」の考え方
5月号 イメージ化の有効性
4月号 新学習指導要領「理科」で育つ子どもの姿
3月号 活用型授業と理解深化
2月号 評価のしかたで授業が変わる―関心・意欲・態度
1月号 言語活動の「評価」
2010年
12月号 理科における言語活動の充実
11月号 系統性を重視した指導(生命・地球)
10月号 確かな学力を育む理科の系統性(エネルギー・粒子)
9月号 メディアと問題解決
8月号 教科をつなぐ理科
7月号 子どもの学びと実験・観察
6月号 「A区分」新内容・新教材 こう授業する
5月号 生命・地球「B区分」の魅力にせまりたい
4月号 新学習指導要領で授業はこう変わる
3月号 子どもの問いかけをどう組織化するか
2月号 理科と「言語活動」
1月号 学ぶ喜びのある授業
2009年
12月号 「理科離れ」の正体を探る
11月号 考察力を高める
10月号 実験結果のまとめと評価
9月号 活用できるものづくり教材
8月号 教師と子どもをつなぐ板書術
7月号 環境教育と理科
6月号 学ぶ価値を実感する授業
5月号 今こそ,自然観察力を育てたい
4月号 新学習指導要領をどう実践するか
3月号 科学史を授業に生かす
2月号 「生命」「地球」概念の授業
1月号 科学的思考力を育てる
2008年
12月号 実感を伴った理解
11月号 「伝え合う力」を育てる理科授業
10月号 習得・活用・探究学習と子どもの思考
9月号 活用力を高める「深化課題」の開発
8月号 人間力の向上
7月号 「エネルギー」「粒子」概念の授業を考える
6月号 「ことば」を重視する理科の授業とは
5月号 自然・科学・実感 はじまる新しい理科!
4月号 PISA型科学的リテラシー
3月号 活用力を育てる授業
2月号 意味の理解を伴った知識や技能の習得のさせ方
1月号 「子ども理解」を深めるために
2007年
12月号 研修・授業分析の生かし方
11月号 授業力を磨く
10月号 子どもの発達と問題解決
9月号 今,福島が熱い! 全国大会への道
8月号 授業が成り立つ問題が見えてくる
7月号 実生活と授業をつなぐ
6月号 授業がぐっと深まるこの発問
5月号 授業における子どもの「ひらめき」
4月号 “状況に入る学び”と“状況をつくる学び”
3月号 “読解力”を育てる理科授業の改善
2月号 「何を」かくか 「いつ」かくか
1月号 児童に考えさせる実験結果のまとめ方
2006年
12月号 今,単元構成を考える
11月号 教えて考えさせる授業と問題解決
10月号 話し合いを深めるキーワードとは?
9月号 感性をみがく理科教育
8月号 知識の差,経験の差を乗り越える理科授業
7月号 幼・小・中連携を踏まえた学習指導要領改訂のポイント
6月号 「表現力」を理科で鍛える
5月号 知的ボルテージを高める理科授業
4月増刊号 学力低下を克服する 小学校理科の新展開
4月号 こうすれば楽しくなる,理科の授業!!―若い先生方とともに育つために―
3月号 小学校理科はこれでいいのか―学習指導要領改訂への提言―
2月号 問題解決の力を育む
1月号 子どもが「わかった」と実感できる授業
2005年
12月号 子どもの見方や考え方をとらえる
11月号 見えない世界を楽しむ
10月号 他教科との関連を踏まえた新世紀型理科教育
9月号 こだわりを育てる理科授業
8月号 確かな学力に高める「説明活動」
7月号 子どもの出番! 教師の出番!
6月号 先行学習の有効性
5月号 教師を理科好きにする“新しい校内研修”
5月増刊号 「真の学力」を育てる 理科の学習指導案集
4月号 ふるさとの自然に自信と誇りを育てる授業
3月号 個の学びを生かした 練り上げのある授業
2月号 豊かな「挫折」がある授業
1月号 自然を豊かに感じ、確かな科学を築く
2004年
12月号 発展的な学習のアイデア
11月号 「問題解決」の原点
10月号 対話で変わる子どもの見方や考え方
9月号 わかる理科授業をめざして
8月号 21世紀型の教材研究
7月号 特集:子どものつくる「問題」、教師の考える「問題」
6月号 特集:みがけ! 感性
5月号 専門家の協力を得た授業
4月増刊号 小学校理科授業のレベルアップ読本
4月号 確かな学力を育てる理科授業
3月号 長期記憶に残る理科授業の工夫
2月号 「問題解決と学力」を問う
1月号 理科嫌いをなくす授業をめざして
2003年
12月号 予習と理科学習
11月号 「わくわく導入」のあり方
10月号 科学的思考を育てる「基礎・基本」
9月号 ポートフォリオを生かす
8月号 教師の指導力を問う
7月号 ものづくりで科学する力を
6月号 どうする? 発展的・補充的な学習
5月号 飼育・栽培の楽しみ
5月増刊号 楽しい理科の導入の工夫
4月号 ワンランク上の学力をつけたい
3月号 学習指導要領をみつめなおす
2月号 学力低下への緊急提言
1月号 理科から総合へ
2002年
12月号 海外の理科教育に学ぶ
11月号 絶対評価 私の実践
10月号 地域とつながる理科教育
9月号 わかる喜びをめざす理科の授業
8月号 教材化を図る教師の眼
7月号 自然体験活動のすすめ方
6月号 理科の授業と仲間づくり
5月号 センス・オブ・ワンダーの心を育てる
5月増刊号 理科に役立つ栽培植物
4月号 「豊かな心」にどこまで迫れるか
3月号 感動を表現する子どもを育てる
2月号 現代日本の理科離れの危機
1月号 子どもの仮説が生きる授業
2001年
12月号 IT革命と理科授業
11月号 子どもが協同しあう授業の創造
10月号 ものづくりをどう位置づけるか
9月号 理科で育つ学力
8月号 「わかる」授業から「わかりあう」授業へ
7月号 事実を大事にした授業
6月号 生命観を養う理科授業
5月号 地域の自然 目のつけどころ
5月増刊号 もっと活かそう学校環境
4月号 特集:私の考える「よい授業」
3月号 特集:心に残る授業
2月号 特集:理科で育つ資質や能力
1月号 特集:心の世紀と理科の教育

|| 農文協のトップへ || このページのトップへ ||