NCL

Home >> グレードでさがす >> 
愛蔵版 三国志・巻之三 21~30巻セット 全10冊

+幼児
+小学校初級(1・2年生)
+小学校中級(3・4年生)
+小学校上級(5・6年生)
+中学
+高校
+教師向け
 

左のメニューで、 [+]をクリックすると、その項目に含まれる細目が表示されます。
●で表示されているシリーズ名をクリックすると、内容をご覧いただけます。
愛蔵版 三国志・巻之三 21~30巻セット 全10冊
●15年の歳月をかけて描き切った横山光輝「三国志」の愛蔵版!/図書館用堅牢製本

発行元潮出版社 サイズ  対象教科古典・読書
対象読者中級・上級・中学・高校
定価16200円 NDC分類726 ISBNコード978-4-267-88006-3     

21関羽の不覚
横山光輝/著
七歩の詩//呂蒙は、陸ソンに陸口を守らせた。関羽は陸ソンを侮り、陸口の兵を樊城に向かわせる。呂蒙はただちにケイ州に向かい、烽火台を次々と襲い、ケイ州城を落とした。/関羽はケイ州に進撃するが、ケイ州に家族のいる兵士たちは戦意を喪失し離散する。関羽は麦城に逃れて援軍を待つが、劉封と孟達は援軍を送らなかった。関羽は呉軍に捕らえられ、首を打たれた。玄徳は呉へ出陣しようとするが孔明の諫めを受けて、思いとどまる。/魏では、頭痛とめまいに苦しむ曹操の症状が悪化。曹操は華佗の手術を断り、後継ぎを曹丕と決めて、世を去った。
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 407頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01781-0
22蜀呉の死闘
横山光輝/著
石兵八陣。孔明、たくみに八陣図を布く//魏では重臣たちの画策により、献帝に譲位をさせて曹丕が帝位についた。玄徳も蜀皇帝となり、魏に対抗する。/玄徳は孔明や重臣たちの反対を押し切って呉討伐の兵を挙げるが、出陣直前、張飛が臣下に裏切られ、はかない最後をとげた。/玄徳のもとに関羽と張飛の息子、関興と張苞が馳せ参じ、蜀軍は連戦連勝を続ける。/呉では陸遜が大都督に抜擢される。陸遜は徹底した持久戦で、東南の風を待ち、玄徳の布陣を火攻めにした。/玄徳は白帝城に逃げ込むが、蜀兵の多くを失った心労がたたり、孔明に後事を託し
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 413頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01782-7
23孔明の南蛮行
横山光輝/著
説呉修復//玄徳の死が魏に伝わると、仲達は五 路から兵を進めて蜀を攻撃するよう曹丕に進言。孔明は四路からの攻撃には備えてあったが、残る一路、呉からの攻撃を防ぐため、使者?芝を抜擢し、孫権と蜀呉同盟を結んだ。/これに激怒した曹丕は、三千隻の戦船を従えて呉を攻撃するが、船団を焼かれ大敗。/その頃、蜀では南蛮王の孟獲が兵を起こすと、益州三郡の太守が連合を組んで永昌を攻撃。孔明は離間の計で乱を平定し、南蛮への進軍を開始。/魏延が孟獲を捕らえてきたが、孔明は孟獲を放つ。孟獲は濾水の対岸に一大防塞を築き、孔明に見せつ
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 412頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01783-4
24孟獲心攻戦
横山光輝/著
七?七放//孟獲配下の頭目たちは、孟獲を生け捕り、孔明に差し出す。孔明は孟獲を再び釈放する。孟獲は夜襲をかけるが捕らえられ、三たび釈放された。孟獲は各洞長へ檄を飛ばし、大軍で押し寄せるが、孔明に捕らえられて四たび放たれる。/孟獲は奥地深くの禿竜洞にいる朶思王に力を借りる。孔明は万安隠者(孟獲の兄)に助けられ、禿竜洞に到達。孔明は降伏した楊鋒一族を使って孟獲を捕らえ、五たび放つ。
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 423頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01784-1
25出師の表
横山光輝/著
師の表//七たび捕らえられた孟獲は孔明に心服した。孔明は南蛮を平定し、成都に凱旋する。/魏では曹丕が崩じると年少の曹叡が即位。仲達は蜀に備えようと辺境の地・西涼に赴任する。これを危惧した孔明は、仲達謀反の噂を広める。噂を信じた曹叡は仲達の官職をはぎとり、故郷へ帰らせた。/孔明は劉禅に「出師の表」を奉り、北伐を開始。魏では夏侯楙が総司令官として出陣するが、捕らえられる。/天水では若武者・姜維が孔明の計略を見破り、敗戦に追い込む。孔明は姜維を味方につけようと、姜維の偽者をつくって彼を裏切り者に仕立てる。姜維は
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 410頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01785-8
26街亭の戦い
横山光輝/著
空城の計//孔明が祁山に進出すると、魏では曹真が大都督となり、出陣。孔明は裏の裏をかき、魏軍を破った。曹真は西羌王国に援軍を頼む。孔明は雪原に設けた落とし穴に鉄車軍を誘い込み、西羌軍を破る。/曹真が敗れると、仲達が呼び戻され平西都督に封じられた。蜀の進撃を知った孟達は再び蜀に戻ろうと謀反をたくらむが、仲達に見破られ討たれる。/仲達が街亭に目をつけると、馬謖が街亭の守りについた。馬謖は独断で山頂に陣取り、仲達に敗れる。孔明は総退却を命じ、食料貯蔵庫のある西城へ向かった。仲達が大軍で西城へ迫ると、門を開け放ち
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 418頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01786-5
27陳倉の戦い
横山光輝/著
総兵の印//呉が石亭の戦いで魏の曹休を破ると、蜀に魏への進撃を要請してきた。孔明は「後出師の表」を奉り、出陣。魏では再び曹真が大都督となった。蜀軍は陳倉へ向かうが、陳倉城の守りは固く、蜀軍は苦戦を強いられる。姜維が曹真を斜谷に誘い込む策もうまくいかず、曹真は守りを固めて動かない。孔明は一時漢中へ撤退した。/呉では孫権が皇帝を名乗ると、蜀はこれを認めた/陳倉の?昭が重病になり、孔明は関興と張苞に陳倉を急襲させて落とすと、三たびキ山に進出。魏ではついに仲達が大都督となった。仲達は孔明から作戦をことごとく読まれ
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 411頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01787-2
28孔明の帰国
横山光輝/著
北斗七星旗。孔明、神をよそおう//仲達が追撃にかかると、孔明は渭水の魏軍本陣を襲い、仲達を総退却させた。だが孔明は血を吐いて倒れ、漢中に引き揚げた。/魏では再び曹真が出陣。回復した孔明は本陣を奪い、矢傷を負って重態となった曹真に侮辱的な手紙を送り、彼を憤死に追い込んだ。/仲達は孔明との決戦に敗れると、魏軍に投降してきた兵糧部隊責任者苟安に命じ、孔明謀反の噂を都に流す。蜀軍は長安まであと一歩のところで、無念の撤退をする。/成都に戻り、誤解を解いた孔明は、キ山に進出。北斗七星旗を持った異様ないでたちの兵で、仲
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 416頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01788-9
29祁山の戦い
横山光輝/著
六出キ山//孔明が張?を木門道で討つと、仲達は追撃を止めて引き揚げた。/蜀の国力を回復させた孔明は六らびキ山へ出陣。渭水の戦いで敗北したものの、偽りの降伏を利用し、仲達に大損害を被らせる。さらに孔明は「木牛流馬」を使って、魏軍を翻弄する。/長引く北伐に、蜀軍分裂の危機を察した孔明は、葫蘆谷に地雷や火薬を埋め込んだ火の陣を築き、仲達との争いに挑む。しかし豪雨によって命拾いをした仲達は、ますます孔明との戦いを避けるようになる。/孔明は持久戦に有利な五丈原に陣を移すと、女の服と飾りを贈って仲達を挑発。だが仲達は
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 429頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01789-6
30秋風五丈原
横山光輝/著
不落剣閣//いかに辱められようとも、司馬懿は動こうとしない。/天文を仰いで自らの命脈が尽きたことをさとった孔明は、姜維から勧められて北斗七星に祈る。あと1日主燈が輝き続ければ12年寿命が延びるという時、駆け込んできた魏延が主燈を倒してしまう。孔明は書き記したものを全て姜維に与え、馬岱には魏延が謀反した時の策を教えると、四輪車に乗って陣中を巡見した。/劉禅あての遺書を楊儀に託した孔明は、司馬懿が押し寄せてきた時の秘策を授ける。
発行元潮出版社 定価1620円 サイズ四六 433頁
NDC分類726 ISBNコード978-4-267-01790-2