NCL

Home >> グレードでさがす >> 
シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ 全5巻

+幼児
+小学校初級(1・2年生)
+小学校中級(3・4年生)
+小学校上級(5・6年生)
+中学
+高校
+教師向け
 

左のメニューで、 [+]をクリックすると、その項目に含まれる細目が表示されます。
●で表示されているシリーズ名をクリックすると、内容をご覧いただけます。
シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ 全5巻
●平和学習・修学旅行調べに最適のヒロシマ・ナガサキを知る/1945年8月6日と9日、広島と長崎に投下された2発の原爆で、21万人もが亡くなりました。広島、長崎はどんな街だったのでしょう。

発行元新日本出版社 サイズ  対象教科社会・総合
対象読者上級・中学・教師・PTA
定価13500円 NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05868-1     

天からふってきた悪魔
安斎育郎文/監修
原爆ドームを知っていますか?世界文化遺産であるこの遺産が生まれたわけ、1945年8月6日と9日、広島と長崎に投下された2発の原爆で、その年の終わりまでに21万人もが亡くなりました。広島、長崎はどんな街だったのでしょう。投下した爆撃機とは?被爆70年に向け、小学校高学年からの平和学習シリーズ
発行元新日本出版社 定価2700円 サイズ27×22 40頁
NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05841-4
キノコ雲の下で起きたこと
安斎育郎文/監修
原爆がさく裂した瞬間、街や人々を放射線がおそい、つづいて熱線が焼き、衝撃波と爆風がなぎ倒していきました。そしていまでもつづく苦しみを被爆した人たちにあたえました。被爆者の証言や放射線による障害についても説明。
発行元新日本出版社 定価2700円 サイズ27×22 40頁
NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05842-1
歴史を未来にいかす
安斎育郎文/監修
日本は昔、戦争をしていました。その結果、原爆が落とされてたくさんの人が亡くなり、いまも苦しむ人がいます。何をまちがえていたのか、日本の戦争の歴史を振り返り、アメリカが日本へ原爆を落としたことへの世界の人たちの意見を紹介します。
発行元新日本出版社 定価2700円 サイズ27×22 40頁
NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05850-6
核兵器とはどういうものか
安斎育郎文/監修
アメリカが開発した核兵器。日常生活からは遠い存在ですが、いまでは9つもの国がもっています。原爆の開発の時のことや核兵器をもっている国、そして原爆や水爆の仕組みなどを紹介して、核兵器は必要なのかどうか考えていきます。ビキニ事件から始まった原水爆禁止運動にもふれます。
発行元新日本出版社 定価2700円 サイズ27×22 40頁
NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05851-3
平和についてかんがえる
安斎育郎文/監修
ある日突然街が消え、たくさんの命が一瞬で消える。それは、現実に起きたことです。たった一発の原爆が起こしたことを忘れず、一刻も早く核兵器をなくしていくために私たちができることを広島・長崎の平和教育や世界の人たちからのメッセージから考えていきます。
発行元新日本出版社 定価2700円 サイズ27×22 40頁
NDC分類210 ISBNコード978-4-406-05852-0