NCL

Home >> グレードでさがす >> 
赤川次郎 ホラーの迷宮 全4巻

+幼児
+小学校初級(1・2年生)
+小学校中級(3・4年生)
+小学校上級(5・6年生)
+中学
+高校
+教師向け
 

左のメニューで、 [+]をクリックすると、その項目に含まれる細目が表示されます。
●で表示されているシリーズ名をクリックすると、内容をご覧いただけます。
赤川次郎 ホラーの迷宮 全4巻
●怖い話や奇妙な物語など、傑作揃いの短編集
大ベストセラー作家・赤川次郎さんの作品の中から、ちょっと怖い話や不思議な物語を集めました。収録作品はすべて短編で、気軽に読みはじめることができます。読書の素晴らしさ、想像の世界にはばたくことのの楽しさを知ることのできるシリーズです。

発行元汐文社 サイズ  対象教科国語・読書活動
対象読者中級・上級・中学・高校
定価6480円 NDC分類913 ISBNコード978-4-8113-1222-4     

受取人、不在につき——
赤川次郎/著
綾子は、同じマンションの住人・水原あての荷物を軽い気持ちで預かることにした。しかし受取人の水原は何日経っても不在のまま。そしてその荷物を預かって以来、マンションでは不思議な出来事が次々と起こって……。
発行元汐文社 定価1620円 サイズ四六 208頁
NDC分類913 ISBNコード978-4-8113-2570-5
砂に書いた名前
赤川次郎/著
大学生の丈二は、ガールフレンドの朋子から招待の手紙をもらい、朋子が父親と二人で過ごしている離島の別荘を訪れた。はじめて会った朋子の父親は昼間は感じの良い男性だったが、夜になるとなぜか態度を一変させて……!?
発行元汐文社 定価1620円 サイズ四六 208頁
NDC分類913 ISBNコード978-4-8113-2571-2
お出かけは[13日の金曜日]
赤川次郎/著
大学の寄宿舎で生活する15人の女子大生が、初秋の湖にキャンプに行くことになった。その日はまさに「13日の金曜日」、有名なホラー映画と同じシチュエーションだったが、はたして湖では大事件が!
発行元汐文社 定価1620円 サイズ四六 208頁
NDC分類913 ISBNコード978-4-8113-2572-9
長距離電話
赤川次郎/著
生活に疲れた中年の男が、山奥で見つけた不思議な「電話ボックス」。そこから電話をかけると、その通話は時をこえて、男が高校生だった時代につながるのだ。男は交通事故で死んでしまったかつての恋人を、何とか助けようとするのだが……。
発行元汐文社 定価1620円 サイズ四六 208頁
NDC分類913 ISBNコード978-4-8113-2573-6