バケツイネ選手権2017

バケツイネ選手権2017

2017年も開催!
ぼくもわたしも農家や研究者も一緒になってバケツイネに燃える季節がやってきた!

バケツイネ選手権とは?

バケツイネの収穫量コンテスト。
「1粒の種モミを、何粒に増やせるか」を競います。
自ら創意工夫して1粒の種モミの可能性に挑戦し、その生命力を目の当たりにしたい、
1本植えによるイネつくりのおもしろさを味わいたい人はどなたでも参加できます。
年齢制限はなし。今年で6回目です。

ルール

部門

バケツ部門:20L以下の容器を使い、1本植え。下の2つのどちらかの部を選んで記録提出。
・プロの部 稲作農家、農業指導者・研究者などのイネの専門家
・一般の部 プロ以外誰でも参加できる
ペットボトル部門:2L以下の容器を使い、1本植え。
プロアマは問わない

表彰

各部門とも1位の方には図書カード5,000円分と表彰状を授与(3位まで副賞あり)。
結果発表は「現代農業」誌上で行う予定。

応募方法

バケツイネ記録用紙とアンケート用紙に必要事項を記入の上、写真を添付し、2017年12月8日(月)までに農文協「バケツイネ選手権係」に郵送で提出(当日消印有効)。

メールで送付する場合は、下記の項目が必要です。(は記録の必須項目)

バケツイネ選手権2017 資料ダウンロード

バケツイネ写真
農文協園芸部ブログ:屋上菜園日記
こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。最新のバケツイネ選手権の情報はここから入手しよう。

最新情報(ツイッター)

#バケツイネ選手権2017 のツイート

バケツイネ選手権のTwitterのつぶやきは「#バケツイネ選手権2017」のハッシュタグを入れてね!

バケツイネ選手権 公式テキスト

『バケツで実践 超豪快イネつくり』
バケツイネ、何からはじめればいいの? という方に——バケツイネ栽培の入門書。生育時期ごとの肥料のやり方、葉っぱの姿でメタボイネと健康イネの診断など、イナ作名人が、小学生にもわかるイネのとらえ方や施肥法を解説する。バケツイネ栽培の決定版。
『バケツ稲 12カ月のカリキュラム』
学校でバケツイネコンテストに参加する先生に——近くに田んぼがない学校でも、種もみを播き、収穫、調理するまでの全プロセスを体験することができる。このバケツ稲づくりから広がる総合的な学習の時間の1年間の授業プランをダイナミックに紹介。
『ぼくらのイネつくり 全5巻』
イネのすべてを分かりやすく知りたいという方に——育て方から食べ方・ワラ細工までおもしろ実験とクイズをまじえ、オールカラーでよくわかる。プランターで苗つくり/田植えと育ち/稔りと穫り入れ/料理とワラ加工/学校田んぼのおもしろ授業
『そだててあそぼう イネの絵本』
親子でまなぶイネつくり超入門書——世界の米と日本の米、水田の価値、茎のふえ方や花の観察、木枠水田・バケツイネに挑戦、昔 のやり方で脱穀・精米、おいしい米の炊き方から甘酒、五平餅、玄米茶つくり、早く花を咲かす実験まで、広がるイネの世界。

バケツイネ選手権 参考記事

「イネのペットボトル栽培」(『食農教育』2008年5月号より)
イネのペットボトル栽培のこよみと芽出し、種まき、育苗、植えつけの方法を紹介。
PDF「バケツイネ選手権2016 結果発表」(『のらのら』2017年3月号より)
「バケツイネ選手権2016」の結果を発表! 一般の部の入賞者が、プロの部の入賞者を上回る大波乱があったぞ!
PDF「バケツイネ選手権2015 結果発表」(『のらのら』2016年3月号より)
「バケツイネ選手権2015」の結果を発表! どれくらいで入賞できるかな。
PDF「バケツイネ選手権2014に、茨城県潮来市の小学5年生全員が参加!」(『のらのら』2014年9月号より)
「バケツイネ選手権2014」は茨城県潮来市内6つの小学校5年生全員が参戦したぞ!
PDF「一粒万倍 バケツイネ選手権!」(『のらのら』2013年3月号より)
「バケツイネ選手権2012」の記事より。バケツイネ選手権ってなに?
PDF「バケツイネ選手権2012 参加者募集!」(『のらのら』2013年3月号より)
「バケツイネ選手権2012」の募集記事より。過去の最高記録は、1粒が6万粒以上に!?

Q&A こんなギモンがあります

Q:イネのタネはどこで手にはいるの?
A:「バケツイネ用種もみ」が市販されているよ。また、バケツイネを広める目的から、自治体や団体が配布する機会もあるから探してみてね。
Q:どうやって育てるの?
A:インターネットで検索すると、先輩たちの育て方がたくさん紹介されているから参考にしよう。農文協の公式テキスト『バケツで実践 超豪快イネつくり』には、農家直伝の栽培のコツが紹介されているよ。コツをつかんで、自分だけの育て方をみつけてね。
Q:いつタネをまいたらいいの?
A:農文協のある東京では、平均気温が20度くらいになる5月にタネをまくよ。お住まいの地域によってタネまきのタイミングが違うから、調べてみよう。周りの農家の方に聞いてみるのもいいね。

主催・問い合せ先

一般社団法人 農山漁村文化協会 バケツイネ選手権係
〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1
TEL:03-3585-1159
FAX:03-3585-6466
メール:noranora@mail.ruralnet.or.jp

イラスト:小川剛

ページのトップへ戻る